FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

第6日目 #3

鶏鳴教会

●鶏鳴教会(けいめいきょうかい)

P3230325.jpg ←鶏鳴教会

鶏が鳴く教会・・・これは、聖書に出てくる記述の出来事から来ています。
まず「最後の晩餐」での、イエスとペテロの会話を見てみましょう。

「主よ。なぜ今はあなたについて行くことができないのですか。
あなたのためにはいのちも捨てます。」
イエスは答えられた。「わたしのためにはいのちも捨てる、と言うのですか。
まことに、まことに、あなたに告げます。
鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言います。」
(ヨハネ 13:37~38)

イエスはここで、自分が捕らわれた後、ペテロがどのようになるか、を預言しておられましたが、果たして、その通りの事が起こりました。ペテロは捕らわれたイエスの後について行き、事の成り行きを見ていましたら、側にいた人に「あなたはあの人の弟子ではないか?」と聞かれ、あわてて「そんな者ではない」と答えます。3度目になって、のろいをかけて誓ってまで「知らない」と言い切った時、その直後に鶏の鳴き声が聞こえました。それでペテロはイエスが言っていた上記の言葉を思い出します・・・そうして彼はその場から立ち去って激しく泣きました。(マタイ26:75)

P3230332.jpg ←ペテロが「知らない」と言っている場面が銅像になっています。柱のてっぺんには、ちゃんと鶏が。

●「激しく泣いた」そのわけは・・・?

ルカの福音書には、ペテロが三度イエスを否定したあと、「主が振り向いてペテロを見つめられた。」(ルカ 22:61)と書かれています。ユダヤ人の激しく泣く、とは、動物のように泣くそうですが(どんな動物だろう?)、この時ペテロはもちろん、自分の犯した罪の重さに泣いたと思います。しかし同時に、イエスのまなざしに触れ、泣いたのです。その目はさげすむような目だったでしょうか・・それはイエスの今までの行動を見ても想像し難いです。むしろ、愛に満ちたまなざしだったでしょう、ゆえに、ペテロは激しく泣いたのです。そのまなざしの愛によって、赦された、という涙もあったに違いありません。

イエスは、私たちの失敗も、不信仰も、弱さも、全部愛して下さっています、それは私たちを救い、神の国に取り戻すために、十字架にまでも従順に従って下さった、その姿が証拠です。

●教会の中には、思い掛けないものが・・・

鶏鳴教会の中を入ると、そこにはむち打ちの場の跡、その体を入れる独房のような牢獄が今でも残されてありました。聖書によると、イエスはむち打ちを受け、それから十字架にかけられています。

P3230327.jpg P3230326.jpg
↑鞭打ちの場所として使われた場所跡 ↑上のかもいの所に2箇所穴が空いています。ここに両手をつながれた状態で、むち打たれるわけですね。

●二つの裁判

聖書を良く読むと、イエスはまず、ユダヤの宗教裁判(しかも違法な裁判でした)にかけられ、その次にローマの裁判にかけられています。ユダヤの裁判では神に対する冒涜罪ゆえの死刑が確定しますが、当時のユダヤ議会(=サンヘドリン)は、死刑執行する権利をローマ議会に奪われていたため、できません。イエスを死刑にするためには、ローマの裁判で有罪を勝ち取る必要がありました。そこでローマの裁判に無理やり引き渡されたのでした。しかし、ローマ総督ピラトは、イエスに罪を認められない(ローマに危害を加えるものではないと判断)という理由で、無罪を宣告しますが、ユダヤの祭司長たちは民衆を先導して、イエスの死刑をさらに訴え続けました。

そこでピラトは、
「私は、あの人には罪を認めません。しかし、過越の祭りに、
私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。
それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」
(ヨハネ 18:38~39)


とイエスの釈放を提案します。しかし群衆は断固反対しました。

すると彼らはみな、また大声をあげて、「この人ではない。バラバだ。」と言った。
このバラバは強盗であった。そこで、ピラトはイエスを捕えて、むち打ちにした。
(ヨハネ18:40~19:1)


ピラトは、イエスをむち打って苦しめれば、それで民衆は納得するだろう、死刑にしなくても済むだろう、と考えたのでした。

P3230334.jpg ←今も残る、2000年前の階段
スポンサーサイト



  1. 2001/03/23(金) 03:35:43|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第6日目 #4 | ホーム | 第6日目 #2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/332-d20cc710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード