FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

第1日目 #1

カイザリヤ→地中海(十字軍跡)

まずは、こんな素敵なホテルのテラスで朝食です。もうびっくりです。
ほんとにニュースで見るイスラエルとは全然かけ離れたイメージが続きます。
しょっぱなから、いたって平和で優雅な時間を過ごしました。

P3180018.jpg P3180022.jpg

●カイザリヤ
ローマのカイザルが大王だった時代に、ユダヤの王として任命されたヘロデ王が建てた、壮大な建造物です。アウグストに捧げられた町だそうです。この土地には石灰が豊富ということもあって、発掘された遺跡のほとんどがコンクリートでできています。ローマの兵士は戦の日以外は全て土木工事をして、このような建物を次々と建てていったんですね。

P3180024.jpg
↑遺跡の中で歴史的発見があったことが記されています。
P3180025.jpg
↑真っ青な地中海に面しています。


聖書では、カイザリヤという言葉は使徒行伝の中にたくさんでてきます。
「さて、カイザリヤにコルネリオという人がいて、
イタリヤ隊という部隊の百人隊長であった。」(使徒10:1)

そして、このコルネリオという人が、記念すべき「異邦人クリスチャンの第一号」となった人でした。だから、この場所が私たち異邦人(ユダヤ人以外を言います)の救いが与えられた"最初の場所"なんですね。ここで聖書の記述がリアルで、また私ともつながりがある・・・聖書がいっきに身近な存在になりました。

P3180030.jpg

↑円形劇場です。私はこの大舞台でひとり「Amazing Grace」を歌いました。一生忘れない思い出です。今でも、聖書を読んでいて、「カイザリヤ」という地名が出てくると、この場面を思い出します。

バックの真っ青な空と地中海に囲まれ、白く輝くイスラエルストーンが美しく映える、雄大な円形劇場、遺跡とは思えない程りっぱな劇場で、音響設備が全くなくても音が良く響く構造になっています。昔の人の知恵とは素晴らしいですね。そしてなんと、今でも現役で活躍しているこの劇場は、かつて、競技会、剣闘士の戦いに使われていたそうです。またクリスチャンを迫害していた頃は、クリスチャンを野獣の餌食にする、という惨劇も行われていたそうで、一体今までどれだけの人がこの劇場に訪れ、どのような場面を見て行ったのだろう、と感慨深い気持ちでいっぱいになりました。

●誰でも上れる導水橋

P3180046.jpg ←導水橋が真っ青な空に栄えてます。

イスラエルがローマ帝国の支配下の時代(紀元前63年~紀元324年)、ハドリアヌス帝が建設したもので、今でも十分立派に残っています。日本なら普通こんな立派な遺跡は「立ち入り禁止」看板が出て当然ですが、イスラエルでは誰でも触れられるどころか、ご丁寧に観光客が上に上ることができるように階段と床板、手すりが端っこの一部に設置されていました。このお国柄が、さすがイスラエルですね。
スポンサーサイト



  1. 2001/03/18(日) 09:35:07|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第1日目 #2 | ホーム | いよいよ、イスラエルへ出発!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/315-b8ca81b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード