FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

アメリカ西海岸ツアー'04(2)

ポートランドから飛行機で6時間、今度はL.A.に行きました。こちらは空気もカラっとしていて、ゆったりしていて、ポートランドとはまた全然違った表情を見せてくれます。気候というのはこうも人々の生活に影響を与えるのね、とあらためて思いました。降り立った途端、ワクワクする心を抑えられませんでした~。エキサイティングな町です。

同行していたダンさんは仕事の関係でポートランドからそのまま日本に帰られたので、L.A.では私と久世夫妻(良三さん&まゆみさん)と3人で行動です。まずはレンタカーに乗って、モーテルへ・・・と言っても、私たちが自力でたどり着かなければなりません、土地に詳しい人は誰もいないんです!日本であらかじめ調べた地図と、レンタカーの窓口でもらった案内を頼りに、3人でいざ出発です!まさしく珍道中が始まりました。これだけでもなぜかすっごくワクワクでした~。
LA2

●最初の観光「マリナ・デル・レイ」
思いの外スムーズにモーテル Best Western Montebello Plaza Hotel にたどり着き、それでも大喜びでしたが、モーテルが結構大きくて(安く借りれたので、もっとチープな感じを想像してまして・・)部屋もなかなかの広さ、かなり満足度高かったです。チェックインを済ませ、荷物を置き、近くで軽い食事をした後、なぜか3人ともとっても元気(というよりハイテンション)で、「これからMarina del Rey (ボートやクルーザーがたくさん停泊している港です)に行こう」という話になりました。といってもBest Westernからはかなりの距離、道中が心配でしたがテンションが高いのも手伝って、いざ出発!したのでした。

あちらはとにかく日が長い、夜8時頃まで明るいんですよね。なのでようやく到着した時も、ちょうど日が暮れる直前、なんとか明るいうちに間に合いました。がしかし、寒い!海風が薄着の体に染みる染みる・・でも、今年始めての海でしたから、そりゃ~もう、うれしかったです。
LA3←寒さが身にしみた夕暮れどき。

しかし、これだけでは終わりませんでした・・・日もとっぷり暮れて、いざ帰ろうとなったら今度は道が全然わからない!暗いとそれだけで景色が変わるから、というのもあるのでしょうが、地図を見ても今どこにいるのか、どこの方向に向かっているのかがわからない。ぐるぐる車でまわりながら、ほんとにこの時はあせりました。そんな時はすかさず「祈りましょう」ということで、無事に帰れるよう3人で祈りました。そうすると不思議なくらいスムーズにそのあと行けるんですよ、まじで。この時も無事に帰ることができました。後で聞いた話では、マリナ・デル・レイはかなり奥まった所にあるので、現地の人でも迷うぐらいの場所なのだそうです。私たちが迷うのも無理はなかったんですね。

●将来の参考に・・ツアー
・Leisure World
次の日、2001年のイスラエルツアー以来おつきあいのある、カリフォルニア在住の桂子さんの案内で、Liesure World Seal Beach という場所を案内してもらいました。人工的に作られた村のようなものでしょうか。実は桂子さんもこちらの住人の一人なのですが、まず55歳以上の方に住む資格があり(入るにはかなりの審査があるそう)、住宅は長屋のようになっていますが、みなそれぞれ独立しています。一人で住む方もあれば夫婦で住む方もあり、という具合です。さらに、住む所だけではなくさまざまな施設(スポーツジム、劇場、クラブなど、この中に全てがそろってる!)や専用のバスが備えられ、しかもその地区はしっかりと塀に囲まれゲートで仕切られているので、パスを持っている人は自由に出入りができる一方、全く関係のない人は入ってこれない、という治安も設備も全てそろっている理想的な村になっていました。こちらにはすでに9千人の方が住んでいるそうです。内容は全然違いますが、日本にある米軍基地のような形式ですかね。
liesure world1
↑中にはなんとゴルフ場があります。二人のおじさんがのんびり楽しんでいました。

liesure world2
↑もちろん教会もあります。写真はカソリックのチャーチ、プロテスタントの方は閉まってました。

liesure world5
↑小さな木工所を発見、子供たちが遊べるおもちゃなどを作ったり、またちょっとした家具の修理などもするそうです。木工の好きな方がどなたでも自由に使えるようになってます。

このような施設の他にも、絵や読書など、何百という趣味のサークルあって、リタイアメントした人が老後を豊かに、また仲間とともに楽しみながら安心して暮らせる、といういのがLeisure World の特徴です。みなさん生活が自立しているせいでしょうか、住んでいる人はみな明るく元気で、若々しい方ばかり、おばあちゃんでもおしゃれとお化粧は欠かさないんですよ~。将来こんな所に住めたらいいな~と、心から思いました。

・California Cemetery Rose Hill
またその後に、久世さんのリクエストで、墓地にも連れて行ってもらいました。墓地といっても日本のお化け屋敷的なイメージでない、きれいで明るい、公園みたいな墓地です。なんでも久世さんが将来的に、日本にクリスチャンの墓地を建てたいので、その参考に、という見学です。桂子さんが案内して下さったのは"ローズ ヒル"という所でした。
liesure world3 liesure world4
↑入った途端、ローズガーデンが広がります。美しい・・

こちらの墓地(と行ってもかなり大きくて、2~3つぐらいの丘が合わさって成ってます)を見渡してまず驚いたのは、見渡す限り芝で覆われた丘しか見えない、というより、何もない!という感じなんです。というのはあちらは墓石というのはあまり立てないんですね、一般的に故人の名前やその人の生きた年代などが刻まれた横長の金属性のプレートだけが地面に埋め込まれている、というスタイルなんです。ですからお墓参りの時に探すのが大変だそうですよ。これといった目印になるようなものもあまりなさそうですし。でも日本のように墓石やお札にお金をかけたゴテゴテのお墓、といった習慣は全くなくてシンプルでいいな~と思いました。なんか気軽に遊びに来れる公園のような感覚でしょうか。

LA4
↑Leisure World 近くのカフェ、"Coffee Bean & Tea Leaf" でちょっと一休み。こちらのコーヒーがまた格別で、必ずコーヒー豆を買って帰ります。

この日は、どちらかというと、将来の参考になりそうな場所ばかりを見させていただきました。このような場所は、観光ガイドブックにも載ってないでしょう、貴重な場所をじっくりと見させていただきました。

(つづく)
スポンサーサイト



  1. 2004/08/12(木) 11:11:10|
  2. overseas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカ西海岸ツアー'04(3) | ホーム | アメリカ西海岸ツアー'04(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/304-3e0e2678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード