FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

ついに「PASSION」 観に行く!

ついに、やっと観に行くことができたPassion! それはそれは感動とともに感激の一時でした。想像以上に素晴らしく、ドラマチックで、イエス様の愛あふれたお姿に胸を打たれました。監督のメルさんって、やっぱりすごいです。神様が選んだ大きな監督さんですね、心から感謝します!
passion1

かなり前評判が高かったというか、どちらかというとマイナスな評判しか耳にしなかったせいか、正直言って観に行く前にはショックを受けないよう心構えをしていました。映像から来るショックというものに耐えられるかどうか・・・でも目を覆うような事はしたくない、しっかりとイエスの十字架をこの目で観て、受け止めなければ、って思って、意気込んで向かいました。映画館に入り、席に着いて本編が始まる前の一時、思わず祈ってしまいました。私だけではなくこの会場にいる全ての人が守られ、主のあわれみの中で映画を観ることができるように、どうか祝福して下さい!と。

しかし実際に始まってみると、描写の仕方、ストーリー展開、人物の映し方、音、何から何まで抵抗なく観ることができ、どきどきする所はあっても、ちゃんとカット割りでカバーしてあったというか、安心して観ることができました。何よりも、イェシュア役のジム・カヴィーゼル Jim Caviezelさん(最高)を通してイエスの愛の姿を映像で見ることができて、あらためてイエスを愛しちゃった感じです。見終わった後は感動と涙とで放心状態でした・・・炭火がいつまでも燃え続けているように、熱い思いがず~っと心から離れません。

イエスは神の子としてお生まれになったけれど、回想シーンで出てくるお母さんと一緒に過ごすイエスの姿は私たちと同じ、まるで普通の母と息子のようでした(泣けた~)。しかし目の前でむち打たれ、十字架につけられる息子を見守る母の気持ち、また息子としての母を想う気持ちを考えたら、泣けて泣けて仕方がなかった。またマグダラのマリアがイエスに助けられたシーン(これは聖書の記述を知らないと、チンプンカンプンだったでしょう、彼女はもと娼婦だったんです、当時それは大きな罪で、石打ちの刑=死刑に値するものでした、それをイエスは「あなた方の中で罪を一度も犯していない人からこの人に石を投げなさい」と群衆に言い、誰も反論することができず、すごすごと立ち去っていきました。それから彼女は献身的にイエスに仕える人になりました)を観て、彼女の姿が自分に重なって、これも泣けました~。裁かれて当然な身分であるマリア(=私)を、みんなが寄ってたかって裁こうとしている中で、ただ一人イエスだけが裁かず、自分の味方になってくれたのです(ああ、また思い出すと涙が・・)。また同じく回想シーンで、捕らえられる前の最後の食事の席で、弟子たちに自分が自らの血を流して罪のあがないをする、と伝えたその目は、なんと温かだったでしょうか、みんな自分を見捨てて逃げていってしまう、という事をご存知の上で、最後まで弟子たちには一番近しい距離から愛を伝えたんです。こんなに強く激しい愛なのか・・・この同じ愛が私にも注がれているなんて、なんという光栄なことだろう!そう思わざるを得ませんでした。
passion2

あそこまで激しくむち打たれて(さんざんむち打たれているのに、十字架を背負って歩いているときにもひっきりなしにむち打たれてましたね)、最後まで体をこれでもかというほど痛めつけられました。そしてののしられて、つばきをかけられて、言葉の暴力をもさんざん浴びせられました、またイバラの冠が頭に突き刺さり、太い釘が両手・両足に打ち込まれ、最後にはわき腹を槍で刺されました。・・・こんなにまでして激しい戦いを私たちのためにして下さったのなら、どんなに大きな罪でも、神に許されない罪はない!本当にそう確信しました。そうまでして私たちを取り戻したい、回復したい、と神ご自身が激しく望んでおられるからです。

十字架の上でイエスが息を引き取られた後、サタンがめちゃくちゃくやしがって泣き叫んでましたね。一生懸命に十字架が達成されないようにがんばったようですが、失敗に終わったからです。神の小羊による罪のあがないが成し遂げられて、サタンは敗北し、神が勝利を取られました!ハレルヤ!

Great is our God!
スポンサーサイト



  1. 2004/05/28(金) 10:53:47|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカ西海岸ツアー'04(1) | ホーム | 柏グローリーチャペル・Coffee Live>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/302-ebd87a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード