FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々のBible Study です

ハーベストフォーラム東京で語られている中川健一先生からのメッセージで、
なるほど!と思ったお話です。

まず、聖書のこの箇所からです、
-------
モーセは神に申し上げた。
「今、私はイスラエル人のところに行きます。私が彼らに
『あなたがたの父祖の神が、私をあなたがたのもとに遣わされました。』と言えば、
彼らは、『その名は何ですか。』と私に聞くでしょう。
私は、何と答えたらよいのでしょうか。」
神はモーセに仰せられた。
「わたしは、『わたしはある。』という者である。」
(出エジプト記 3:13-14a)

--------


わたしはある、という言葉→英語だと"I AM THAT I AM" なんですが、
今までも何度も聞いていたのですが、いまいち意味がわからず・・
その意味が今回しっかりと語られました。

わたしはある、というその意味は、

・自立自存の神
・何ものによっても創られたことのない、永遠の昔から存在しておられる神
・自足していて、誰からも助けてもらう必要のない神
・全てを包含し、いかなる限界もない神


ということを表す神様の御名です。

この「わたしはある。」という言葉からくる名詞が「ヤハウエ」という神様の名前なんだそうです。

ゴスペルでは頻繁に「ハレルヤ」という言葉を使います。
日本語では「主をほめたたえよ」という意味になりますが、
このハレルヤ、のヤが、ヤハウエのヤ、すなわち、ヤハウエをほめたたえよ!と言っているわけですね。

「ハレルヤ!」と言うたびに、この出エジプト記の記述が、時代を超えて、
今現在の私たちにズバッ!と直結するような気がします。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/27(水) 14:17:09|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ずいぶん前の話なんですが、 | ホーム | ついに、Proが来たよーーー!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/285-df0871e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。