FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

やっとエンジンかかった今年4月*その2

「私にはもう、何も望まないで下さい・・」そんな心の叫びを飲み込んで、人々の前で歌って、偉そうにもゴスペルの指導をしてきました。頭では「私は神様に愛されてるし、天国へ行ける保証もいただいた、神は私を見守って下さってる」ってわかっていても、心にはちっとも喜びがない・・それでも「神はあなたを愛してます!」と人々を前に歌わなきゃいけない・・切ないですよ~、これは。

なぜ私がゴスペルシンガーになんかなったのか?これは最大の疑問であり、ここがそもそも、全ての問題の出発点なわけです。なぜ私が選ばれたのか?もちろん、神様がお選びになったのですが、その神様の意志、選んだ意味が、私のようなちっぽけな人間にはちっとも理解できません。確かに、聖書には神の選びについて、

しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、
強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。
また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。
すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。
これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。
(?コリント 1:27~29)


とありますから、確かに聖書にある通りだというのはわかります。クリスチャンになってなかったら、ゴスペルシンガーになってなかったら、私はどうなっていたんだろう、と考えると、恐ろしいです。でも!いくらゴスペルシンガーといえども、人生に目標なり、生きる喜びがなければ、全てはむなしいというのは変わりません。実は、喜びも神が与えるものだ、という聖書箇所があるのです。

なぜなら、神は、みこころにかなう人には、知恵と知識と喜びを与え、
罪人には、神のみこころにかなう者に渡すために、集め、たくわえる仕事を与えられる。
これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。(伝道者 2:26)

私は知った。人は生きている間に喜び楽しむほか何も良いことがないのを。(伝道者 3:12)


以上の言葉は、ダビデ王の息子、ソロモンという方が書いた言葉ですが、彼は神から与えられた素晴らしい知恵の力と神への信仰を持ってこの世の全ての栄華をきわめた方でした。ですが、そんな彼もいつしか神を離れ、自分の欲をほしいまま満たしていく人生へと変わっていきました。それを経て彼は、「全ては空の空」であり、むなしいもの、そして「喜び楽しむ」ことこそ人生に必要なこと、その他には何も良いものがない、という言葉を残しました。

そう、喜びさえあればどんな状況にも耐えられると思いますし、生きる元気がわいてくる、私にも喜びが欲しい!といつも願って来た事でした・・が、心は空っぽのまま、その空っぽを埋めるべく、夢中になって聖書を勉強したり、祈りの方法を学んだり、信仰の先輩方にいろいろ相談して祈っていただいて、また賛美も力一杯して来たと思います、でも「喜び」は結局、神様がくださる以外、持つ事ができない事がわかりました・・・。

最終的には、とうとう歌が歌えなくなってしまいました(06年度始めから)。ゴスペルを歌うようになってから、歌えなくなる、というのは初めての事でした。私の仕事のベースはゴスペルを指導する事なので、指導者が歌えなくては仕事になりません、でも、何しろ歌いたくない、歌う気も起きない、体に力が入らない・・・メンバーの言葉曰く、魂を抜かれた人のようだったようです。自分でもどうしようもありませんでした。

そんな時、ちょっとした事がきっかけで、心配してくれたメンバーの何人かに心を打ち明けることができました、というのは、私自身から人を遠ざけていたので、自分からは話そうという気はおきません、でもちゃんと神様が人を送って下さって、向こうから声をかけてくれて、人を通して手を差し伸べて下さいました。その時には劇的な心の変化があったわけではないですが、1週間後ぐらいから「あれ?声が出る。歌えるようになったみたい」、そしてさらに「あれ?歌ってて楽しい!」という感じで、歌を通して喜びを感じるようになり、少しずつ回復していきました。(その裏に、たくさんの人の祈りがあった事は間違いないと思います)

今現在も、回復しつつある段階ですが、今回の試練を通して、あらためて人とのつながり、神が与えて下さった人間関係がなければダメなんだ、私が生きる上で必要な人を神様がちゃんと周りにおいて下さっているんだ、という事を学びました。そして、私がふぬけになっても心配してくれ、支えようとしてくれる人がいる事を知りました。人によって傷つき、もう一生誰ともうまくつき合えない性分なんだ、と、人を遠ざけていた私ですが、やはり人を通して神様が私を救って下さいました。私に喜びをもたらしてくれる人が、実はすぐそばにいたんです。劇的な事は何もなかったけれど、神様は私が意識していようがいまいが、いつも私のために働いて下さっている、必要はいつも備えていて下さるんだ、と思い知らされました・・・感謝(涙)。

そして、神が私をゴスペルシンガーとして選んで下さった、その意味も、また目的も、今はわからなくても、いつかきっとわかる日が来る、その事も今なら信じられる気がします。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/18(火) 11:47:51|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たまには失敗談も・・・ | ホーム | やっとエンジンかかった今年4月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/273-6b756535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード