FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

プロサーファー飯島夏樹さん その1

サンクゼールチャペルのまゆみ牧師のハワイ友人の方から届いたメールです。
ハワイにあります、マキキ教会の方です。
-----------------------------------------------------------

がん告知を受けてから、かつてプロウィンドサーファーで世界チャンピオンシップ
に日本代表で8年間連続出場を果たした彼が自分の経験を病院を舞台に繰り広げられ
る「天国で君に逢えたら」という小説に書き、去年 7月に新潮社から出版、15万部を
売り、今月20日過ぎに第2作「ガンに生かされて」が出版されることになりました。
その間、2度にわたるドキュメント番組で紹介され、 2月1日のフジ系列の全国ネッ
トでは 13~14%の視聴率で1300万人が見たとのことでした。その後、どうなったか
を知りたい多くの人の為に追悼番組が次のように放映されることになりました。

新潮社のホームページ  
をお開きになると、最後の最後まで書き続けた「今日も生かされていさす」という日
記をお読みいただけます。

<<<飯島夏樹兄・告別メッセージ>>>

今日、私たちはそれぞれの関わりで、今日ここに集まり飯島さんの生涯を記念し、飯
島さんを私たちに下さった神様に感謝する礼拝を捧げようとしています。
38歳と言う短い人生を密度高く、ダイナミックに生きた飯島さんの生き方を振り返
りながら、「私はどうか、自分らしさで生きているか」と振り返り、飯島さんに「飯
島さん、あなたに出会えてよかった。私も自分らしさで生きることが、少し分かりま
した。」と言えたなら、彼が天国で喜んでくれると思うのです。
奥様の寛子さんと葬儀所へ手続きに行きました。「職業は?」「自由業の作家です。
たった1年でしたけどね・・」とおっしゃっていました。

飯島さんはプロウィンドサーファー、マリンスポーツの会社を興したビジネスマン、
そして、作家。どれをとらえても、一流の成功を収めた人です。どんなに長生きをし
ても、この3つのうちの一つでも彼ほどに出来たなら、成功したと言えるでしょう。
そういう意味では彼は38歳ではあっても、人の3倍生きたと言えるかもしれません。
しかし、プロウィンドサーファーなら彼と肩を並べる人は他にもいたでしょう。若
くして成功したビジネスマンなら、彼よりももっと成功した人がいるかもしれません。
癌の余命宣告を受けてから、書き始めた彼の文章がどうしてあれほど多くの人々の心
をつかみ、励ましとなったのでしょうか。どうして彼のテレビ番組が1300万人もの人
をひきつけるほどに感動をよんだのでしょう。それは癌の余命宣告を受けながら彼と
寛子さん、4人の子供たち、飯島ファミリーが持つ「明るさ」「落ち着き」「つぶさ
れない素直さ」「にじみ出る優しさ」にあると思います。言うなら、それこそが「飯
島さんらしさ」として私たちを励ましてくれたのです。

つまり、私たちが皆感動した「飯島さんらしさ」はプロウィンドサーファーで世界
選手権に出るほどの技術を、実力ではない、ビジネスでの成功でもない。「癌の宣告
を受けたときに、「天国で逢おう」と言える確信です。寛子さんのように「あなただ
けで先に行っちゃうなんて、ずるいよ」と言える夫婦関係。飯島さんがなくなった朝、
お母さんの寛子さんから「パパ天国へ行っちゃったよ」と告げられた、3歳になった
ばかりの多蒔チャンはパパのいなくなった部屋をのぞいて一瞬固まりながらも「パパ
いいな、パパだけ天国へ行っちゃって。たまきも行きたいよ。でも、ママ、さびしく
なるね。」と言ったそうですが、そんな子育てをしたいのです。
-------------

~プロサーファー飯島夏樹さん その2へつづく~
スポンサーサイト



  1. 2005/09/24(土) 23:10:51|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロサーファー飯島夏樹さん その2 | ホーム | Chapel 献堂式~伝道師任命式 vol.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/232-d1fc69f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード