FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

プロサーファー飯島夏樹さん その3

彼が余命宣告を受けてから、ハワイへ来る前にクリスチャンの仲間に送った「天国
で君に会えたら」の発売の挨拶の中でこう書いています。「ユーモアの中に聖書の言
葉を取り混ぜ、何とかして癌の方に、その家族に、まだイエスキリストを知らない方
に、聖書の言葉の真理を知って安らかになり、イエス様の愛に出会って欲しいとの願
いがこの本には託されています。」
ところが、その時の「天国で君に逢えたら」がTV番組では、「天国で逢おう」と
変わっているのです。皆さん、何を感じますか。彼は自分の残り時間がいよいよ限ら
れてきている、「天国で君に逢えたらいいな」ではない「いいかい、天国で逢おう。
必ずだよ。」との彼の心を感じるのです。

夏樹さんは、あなたもあなたらしさで生きて欲しいのです。
夏樹さんは先程読んでいただいた「伝道者の書 3章」が大好きでした。

<伝道者の書>
3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。
3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、
  植えた物を引き抜くのに時がある。
3:4 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、
  踊るのに時がある。
3:8 愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、
  和睦するのに時がある。
3:11 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
  神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。
  しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで
  見きわめることができない。

吹く風も、立つ波も変えられない。しかし、その風をつかみ、波に乗ることは出来
る、練習を重ね、乗れさえすれば、最高!彼は神が支配しておられるこの「時」の波
に乗り、生かされると言うことに平安を見つけていたのです。

ウィンドサーフィンの試合にかける限りない練習はつらく、厳しいでしょうが、本番
があります。私たちの本番は天国、永遠の命です。確かに地上での別れはこの上なく
悲しく、厳しいですが、この厳しさを通り、本番を迎えるのです。

寛子さん、夏樹さんを支えた聖書の約束は、「天国で逢おう」が実現する時、完成し
ます。「あなたがたは悲しむが、しかし、あなたがたの悲しみは喜びに変わります。」
何故なら、夏樹さんが「天国で逢おう」と言っているところは、こんなところです。

<ヨハネの黙示録>
21:3「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、
  彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、
21:4 彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、
  悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、
  もはや過ぎ去ったからである。」

夏樹さんはキリストを信じたときに、自分らしさで生きることが出来たように、あ
なたにもあなたらしさで生きて欲しいのです。そして、私たちも夏樹さんの呼び声に
応えて言いたいのです。「分かった、夏樹さん。天国で逢おう」
---------------

~プロサーファー飯島夏樹さん おわり~
スポンサーサイト



  1. 2005/09/24(土) 23:21:45|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬱・・・その1 | ホーム | プロサーファー飯島夏樹さん その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/230-0a6a8f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード