FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

鬱・・・その2

●「怒り」

それは「生育暦」(自分の育った環境、過程)において、
自分の存在をないがしろにされた怒り、
また正当に扱ってくれなかった怒りが原因ということです。
私たちはこの怒りをエネルギーにして仕事、学歴名誉、お金、結婚、家、車を
持つためにがんばります。
自分を評価してもらいたい、すばらしい存在であると認めてもらいたい・・
それは、自分の心の中心にある不安を覆い隠すためにバリヤとしての、
このような名誉、仕事、学歴、結婚、家というものを手にいれていきます。

しかしそのことがうまく行かなくなると自分に怒りが向かってし
まうのですー>鬱が出てくるということです。

この存在不安は、(聖書にある)創世記のアダムが罪を犯し、
神から離れたときから始まるものです。
神の前に、私たちはいつか裸で立たなくてはならない存在であり、
それにたいしての漠然とした不安を、私たちはかかえています。

●「怒り」はどうしたら解決できるでしょうか?

しかしキリストは、ただ一度、今の世の終わりに、
ご自身をいけにえとして罪を取り除くために、来られたのです。
そして人間には、一度死ぬことと、死後にさばきを受けることが定まっているように、
キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、
二度目は、罪を負うためではなく、
彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。       
(ヘブル9:26~28)

と聖書にあるように、「イエス・キリストの十字架の贖い」を受け入れたとき
この怒りが解決するのです。 私たちの覆い=衣服である仕事、名誉、学歴、
結婚、家、車などは、私たちのバリヤにはなりません。

イエス・キリストの十字架の贖いを受け入れたとき、神の愛:アガペーの愛に覆われ、
この神の愛をバリヤ=衣服にしたとき、神の義に覆われたとき、
イエス・キリストを着たとき、神につつまれたときに、
魂の不安や怒りの根が癒されるのです。
自分が主により罪赦されたとき、自分が癒され、加害者また自分を赦す、
という奇跡が起こるのです。

私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受け
ているのです。これは神の豊かな恵みによることです。
(エペソ1:7)

~鬱・・・おわり~
スポンサーサイト



  1. 2006/01/03(火) 12:47:16|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖霊について その1 | ホーム | 鬱・・・その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/228-7751368b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード