FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

"祈り"について #2

 人の思いは、わかろうとしても、わからない。わかってもらおうとしても、わかっ
てもらえない。わかったと思うそばから、また、わからなくなる。永遠の愛を誓った
者達が、些細な事で別れていく。子をなした愛だからだというのに、結局、何も、わ
からなかった、わかってもらえなかった、分かり合えなかったとつぶやいて別れてい
く。自分の、腹を痛めて産んだ子ですら、時々理解できなくなる。血を分けた、兄弟
同士が、醜い争いをして世の中を騒がせる。
 なぜと神に問う。
 全ての思いが、伝わると思う事が、愚かなのだ。なぜなら、思いは、自己の内面に
ある。だから、自分の思いは、神にしか通じない。
 だから、人は神を必要とし、神に祈る。神に、祈ることによって、相手を許し、自
分をも許す。その時、人に自分の思いが通じるようになる。なぜなら、人は、思いの
後ろに神を感じるからであり、相手の後ろに神を見いだすからです。
 故に、神の本質は、愛なのです。
 人を癒すことのできるのは、神だけなのだ。
 神の本質は、裁くことではなく。許すことです。ただ、ひたすらに許す。それが、
神の本質です。

 あなたは、神をどのようなときに感じますか。
 雲の切れ間から夕日が川面に射し込み、ああきれいだなと、感じた時、私は、神の
恩寵を感じます。

 あなたの力では、どうしようもない事にであった時、自分を越えたところにある偉
大な力を感じるでしょう。それこそが神の力なのです。
 神に祈るしかないのです。

 祈るしかないのです。いかに科学、医学が発達しても、生病老死の苦しみから、逃
れられるわけではない。若く輝いている人もやがては、やがては老い、死んでいかな
ければなりません。いかに、相手を思い、悩み苦しんでも、届かぬ思いがある。どん
なに用心、注意しても、不慮の事故に、遭遇することがある。すばらしい出会いにも、
必ず哀しい別れがある。人は、避けられぬ運命に出会った時、ただ、ひたすらに、祈
るしかないのです。

 何を祈るのかは、胸に手を当てて考えればいいのです。

<"祈り"について おわり>
スポンサーサイト



  1. 2006/04/14(金) 14:25:18|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マザーテレサ ~母の日にちなんで~ | ホーム | "祈り"について #1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/218-c891d16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード