FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

GOSPEL=GOD SPELL=神のことば

初めに、ことばがあった。
ことばは神とともにあった。
ことばは神であった。
この方は、初めに神とともにおられた。
すべてのものは、この方によって造られた。
造られたもので、この方によらずに
できたものは一つもない。
(ヨハネの福音書1章1節から3節)
--------------------

以前、Hush Harbor・塩谷達也さんという方が「ゴスペルの本」を出版するにあたって、ゴスペルを歌っている人を対象にゴスペルについてアンケートをとった、ということで、ご好意によってその内容を一部シェアして下さいました。他の国ではあり得ないのでしょうが、日本は特別にゴスペルがクリスチャンにもノンクリスチャンにも受け入れられ、どちらかと言えば、ノンクリスチャンの需要の方が多いぐらいの現状です。日本人口の0.25%(教会の礼拝に参加している人)とも言われるクリスチャンより多いのは、当然と言えば当然です。

その内容を見させていただき、あらためて驚いたのが、ほとんどの人が「癒される、解放されてると思う、素直になれた、友達以上の仲間に出会えた、悩んだ事もあったけど今はゴスペルがない生活なんて考えられない」など、肉体的にも精神的にもプラスの効果が実際にあって、ゴスペルを歌う事によって他では得られない何か特別な経験を、個々それぞれが、していると言う事実です。さらにほとんどの人が歌詞を意識して歌っていると言ってます。不思議な事に「ゴスペルを歌うのに信仰は必要ない」と答えている人がほとんど、理由を「それぞれが神を感じて、神を尊敬して歌っていればそれが賛美でいいのではないか?」という答えです。しかし端から見ると、よっぽどみんな素晴らしいクリスチャンのようです。

「信仰は、望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです」(ヘブル人への手紙11:1)と聖書にありますが、まさに目に見えない神に対して尊敬し、歌詞を通して自分の気持ち(それは望みや願いでしょう)を神に対して訴えているのであれば、聖書によれば、それは立派な信仰の姿であると、率直に思いました。それはそれは、すごい力だと思います。

また、昨日聖書を読んでいる中で、ふと気付いた事がありました。今個人的に黙示録(聖書の一番最後の章で、これから起こる神の啓示が記されている章です)を初めて学んでいるのですが、その中で自分でもかなり衝撃を受けた事が「誰でもみな、必ず神の裁きの座につかなければならない」という事でした。それぞれの行いによって裁かれ、その裁きを逃れるものは誰一人いない、と。まさに裁判で被告側に立たされる時が来るんです、弁護人はいません。私は思わず「今、日本中でゴスペルを歌っている人、全てが罪赦されますように」と祈りました。イエス様の贖いによって赦された人しか無罪となれないのです。

その中で、神様からの語りかけなのかなんなのか、ふと「GOSPEL=GOD SPEL=神のことば」である事が思い浮かび、神のことばとは聖書によれば「イエス様そのもの」であることにつながりました。それが冒頭の聖書の箇所です。GOSPELを歌って、その力をほとんどの人が信じているわけです。GOSPELを信じている人は、そのままイエスを信じている事と同じではないか、そう思ったんです。そうしたら胸の内側に熱いものが込み上げてきました。本当は、心ではみんなイエス様を信じているのに、それに気がついていない、自分の理性が先に立ってしまって見えていないだけじゃないか、そう思いました。

聖書には「もしあなたの口でイエスを主を告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われる」(ローマ10:9)と記されています。ここには「みんなに告白しなさい」とか「牧師に告白しなさい」とは書かれてありません。ただ「あなたの口で告白」すれば完了です、無罪です。なんとシンプルなんでしょう。

だから誰でも、もっと気軽に「イエス様を信じている」と告白していいんじゃないか、って思います。実際GOSPELの力が歌っている個々それぞれに及んでいるのなら、すでに神の力が及んでいる事はもう否定のしようがないわけで、GOSPEL=イエス様そのものをすでに賛美しているわけですから。・・・そう簡単に話は進まないよ、と思うかも知れません。私の場合も信じたくても信じられず、苦しんだ時期もありました。誰にも相談できず、その時はただ「どうか信じさせて下さい」と祈った記憶があります。その祈りが聞かれて、不思議な形で導かれて、告白するにまで至りました。

結局は、神様と個人とのプライベートな関係の中で成されるものです。ですからもっと率直に、素直に、神と自分との関係を考えて、思いのままをイエス様に訴えてみてはいかがでしょうか。教会は?とか、洗礼は?という諸々の問題は、全部神様が用意して下さいます、少なくとも私にはそうでした。まずは自分と神との関係を修復する事が先決です。
スポンサーサイト



  1. 2007/03/03(土) 10:55:25|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<洗礼:バプテスマって・・・? | ホーム | 「赦す」って難しい、でもすごいことなんだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/181-db8b793b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード