FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

洗礼:バプテスマって・・・?

私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、
キリストとともに葬られたのです。
それは、キリストが御父の栄光によって
死者の中からよみがえられたように、
私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。
もし私たちが、キリストにつぎ合わされて、
キリストの死と同じようになっているのなら、
必ずキリストの復活とも同じようになるからです。
・・・・
もし私たちがキリストとともに死んだのであれば、
キリストとともに生きることにもなる、と信じます。
(ローマ人への手紙6章4~8)
-------------------

クリスチャンになるには洗礼を受けないといけない、それってちょっと恐いな~・・・と思っている方多いんじゃないでしょうか?実は私も、クリスチャンになる前はそう思っていましたし、洗礼の意味もよく分かってなかったので、何かちょっと恐いような怪しいような、もう受けたが最後、後に引けなくなっちゃうんじゃないか、みたいなイメージがありました。・・・結局、洗礼は受けましたけれど、8年経ってやっと、その意味をちゃんと知ることができましたので(遅い!)HP上でみなさんとシェアさせていただきたいと思います。これはハーベストタイムの中川先生のメッセージの中にあった内容です。とても明快で、すごくすっきりしました。

まず「洗礼」とは何かというと、イエスを自分の救い主だと受け入れた人が受ける儀式のことで、全身を水にじゃぼんと浸けたり(お風呂だったり川だったり、方法はいろいろ、ちなみに私は川でした)、またあるところでは水を少し取って頭からちょろちょろとかける(滴礼)という方法もあります。意味は一緒です。私の今まで知っていた範囲で、また一般的な言い方をすると「水に浸かることで罪人である古い自分が死んで、水から上がったことで新しい自分に生まれ変わる、という事を体現するのが洗礼」と言えると思います。

~次からがメッセージで初めて知った内容です~
"バプテスマ"のもともとの言葉の意味は「あるものと一つになる」の意味で、内側も外側も、その回りにあるものでいっぱいになって、それと同一化してしまうときにバプテスマされる、と言うそうです。例えば、ある船が沈没してしまって、船の中も外も海の水でいっぱいになった、という時には「バプテスマされた」という表現を使うのだそうです。なので「キリストにつくバプテスマを受けた」というのはキリストと同一化する、「キリストと一つになった」という意味になるんですね。

また先程も触れたように、水に浸かることで死ぬことを意味します。実際に、牧師が洗礼者を水に浸けたまま、その人を2分でも水の中にしずめさせたらその人は死んでしまいますよね?実際はそんなことはしませんけれど・・・要は、水に浸ける=古い人のお葬式です、そして水から上がった時には、死から甦る、ということになります。わかりやすいですね!

まとめますと、キリストも一度、罪を背負って十字架で死に、神の栄光(神様の力の現れ)によって3日後に甦りました、今私には同じ体験はできないけれど、バプテスマを受けることによって、(象徴的に)キリストと同じ体験をしました、キリストと一つになりました!ということをあらわしているんですね。素晴らしい!

今になってやっと、洗礼とは、ただ形式上、受けなければならない儀式・・・というものではなく、そこには素晴らしい、深い意味があるのだ、ということに気がつきました。いや~、素晴らしいですね~!私にとっては8年前のことですけれど、振り返ってついつい嬉しくなってしまいました。
スポンサーサイト



  1. 2007/03/03(土) 10:57:53|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「イエス・キリスト」という名前について #1 | ホーム | GOSPEL=GOD SPELL=神のことば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/180-db768acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード