FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

「NOEL」=キリストの降誕

きょうダビデの町で、あなたがたのために、
救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。
(ルカ2章11節)
------------

<毎年行われるMIYAJI GOSPEL LIVE、その中で聖書朗読とそれにちなんだメッセージをしています。2004年度用に用意した内容を公開します。(本番ではこれの半分ぐらいしか話してないと思います・・・)>

●NOELという言葉の意味
"NOEL"(ノエル)とは、キリストの降誕という意味があります。この1語で「キリストがお生まれになった!」と言っているわけです。先程の*メドレーでは、最初の"O come, O come Emmanuel" という歌から始まりました、この歌の中ではEmmanuel(=神は私たちとともにおられる:マタイ1:23)の神よ、私たちの所に来て、今救って下さい、と歌ってました、そして最後には「♪Born is the King of Israel! Noel, Noel, King of Israel! : とうとうお生まれになった、待望の救い主キリストがお生まれになった、イスラエルの王が!」とつながっているんです。

*メドレーとは、Chirstmas Medley のことで、私の方で勝手に、O come, O come Emmanuel, まぶねの中に、In Excelsis Deo~Gloria、King of Israel をつなげてメドレーにしたものです。 コンサートで歌ったあとに聖書朗読をしました。

●なぜキリストがこの世に来られたのか
さて、神であった御子が人の姿となって、私たちと同じように赤ちゃんとしてお生まれになったキリストですが、何のために私たちの中に来て下さったのでしょうか。聖書の中に、キリストご自身のこのような言葉があります。

「わたしは門です。だれでも、わたしを通ってはいるなら、救われます。
また安らかに出入りし、牧草を見つけます。
盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。
わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。
わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。」
(ヨハネ 10:9~10)

ここでイエスは、ご自分を牧者、羊を私たちに例えて話しておられます。今でもイスラエルに行くと所々に羊を休ませる、ちょっとした洞穴のような場所があります、羊飼いは夜になるとこの穴の中に羊を入れ、狼などに襲われないようにかくまい、自分はその穴の入り口の所に横たわって寝るのだそうです。ですから「わたしは門です」と言った時、当時の人はその光景をありありと思い浮かべることができました。この例えを用いて人々に、「わたし」=イエスを通って入るなら救われる、とおっしゃいました。

さらに、いっさいの不安や恐れを持つことなく安らかに出入りする、また牧草を見つけ、食べ物にも困らない、必要が全て満たされる世界に入ることができる、とおっしゃいました。また「羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです」とも言っています。いのちとは永遠のいのちを言います、永遠に安らかな、神とともにあるいのちを得ることができて、さらにそれを豊かにするためだ、とおっしゃいました。今、この世に生きている間にも、神はみなさんを神の子どもとして豊かに祝福したい、そう願ってイエスは来て下さったのです。

さらに別の箇所を読んでみましょう。

「あなたがたがわたしを選んだのではありません。
わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。
それは、あなたがたが行って実を結び、
そのあなたがたの実が残るためであり、
また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、
父があなたがたにお与えになるためです。」(ヨハネ 15:16)

この箇所を読んで、私もどれだけ励まされたかわかりません、ここには神が私たちを選んだ、とはっきりと書かれてあります。同じような事が他の箇所でも、くりかえし言われています。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
ここに愛があるのです。」(第一ヨハネ4:10)

このように私たちが何をしたから、ではなく、神が私たちを愛し、選んだというのが、一貫した聖書のメッセージです。神がわたしたちを選び、この福音を聴き、神と共に歩む人生へ招き、そこで豊かに、大きく実を結ぶ人生、また求めたものは何でも与えられる人生へと導きたい、と神が願っておられるのです。キリストがお生まれになったのは、このような大きな祝福を私たちが受け取るためです、この大きな素晴らしいクリスマスプレゼントを、今受け取って下さり、どうか豊かな人生、実を結ぶ人生、そして永遠の命にいたる人生を送って下さいますように、と願います。

●祝福への人生を歩むには?
方法は簡単です。聖書は
「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、
あなたの心で神はイエスを死者の中から
よみがえらせてくださったと信じるなら、
あなたは救われるからです。
人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」
(ローマ 10:9~10)
と書いてあります。イエスを信じ、その口でそのまま「信じます」と告白するだけです。これはあくまでも神と個人との関係の話であって、いろいろな環境やしがらみは関係ありません、また、うちは仏教だから、とか、洗礼は?とか、聖書も全然わからないし・・・と言った自分の中に浮かんでくる疑問も、全部神さまが解決して下さるので、それも気にしなくて良いんです。羊飼いは羊の面倒を一日24時間見続けます、同じように神は「信じます」と言った人たちには必ず全ての面で問題を整え解決して下さいます。どうぞ今、この時、神からのプレゼント、イエス・キリストを受け取って下るように、と願っています!
スポンサーサイト



  1. 2007/03/03(土) 11:06:58|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プリムの祭り~奇跡の大逆転~ その1 | ホーム | 「イエス・キリスト」という名前について #2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/177-0c40c792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード