FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

「虚無のとなりに神がいる」

今回は、三浦綾子さん著「小さな郵便車」という本から
印象に残った所を抜粋してご紹介します。

http://www.amazon.co.jp/小さな郵便車-三浦-綾子/dp/4047060518

この本は、読者から多数寄せられる三浦さんへの相談事の手紙に
ご自身がお答えする、という趣旨の内容で、
今回取り上げたのは、長年連れ添った旦那様に先立たれて、毎日がむなしく、
もう生きていく意味も見いだせない、という女性からの相談に対する回答です。

三浦さんの答えは、心にずしっと来ますね。↓

ーーーー
人生はもともとむなしいもの。

しかし、虚無の自分に気づいた、ということは、
本来の自分の姿に気づいた、ということです。

ご主人を亡くして、むなしいと感じ、信仰に歩みたい、とは、
言ってみればご主人があなたのために残してくださった道、と言えるでしょう。
ご主人の死は、あなたの本当の姿を気づかせてくださったのですから。

神を信ずる限り、必ず全く新しい世界が展開されることは事実です。
「何も役に立つ力のない私が、どうして生きなければならないか」
と言っておられるが、たとえ世界中の人がそう言ったとしても、
神はそう言われない、ただ、「信ぜよ」と、
「神を信ずる、これよりおおいなるわざはなし」とおっしゃる。

スポンサーサイト



  1. 2008/01/05(土) 11:45:28|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幻のない民は滅びる | ホーム | 神に頼って踏み出す>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/163-f1f6835c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード