FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

福音のたね

最近、このブログで取り上げる内容が、ちと深くなりすぎてるかな?クリスチャンの私でも難しい内容だし・・と反省をしている時に、このメッセージを聞きました。

そうです!ゴスペル=福音とは、実にシンプルなんです!
-------

福音を人々に伝える事を、よく種まきの例えを使って「福音のたねを蒔く」というような言い方をしたりします。聖書にこういった例え話があるからなんですね。

マルコ4:26-29より

また(イエスは)言われた、
「神の国は、人が地に種を蒔くようなもので、
夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して育ちます。
どのようにしてか、人は知りません。
地は人手によらず実をならせるもので、
初めに苗、次に穂、次に穂の中に実が入ります。
実が熟すると、人はすぐにかまを入れます。収穫の時が来たからです。」


普通に、野菜や植物などの種を蒔いた場合も、人の手によって芽が出るのではなく、
勝手に芽が出てきますよね?それは種の中に、すでに"いのち"があるからです。

ここで言われているのは、本物の種にはいのちがあり、勝手に芽を出すのだ、
人が何かをして、とか努力して芽が出て来るのではない、という事を言っています。

本物の種には「いのち」があります。

本物の、福音の種に必要なのは、3つの要素です、

1. イエスが私の罪のために死んでくださった
2. イエスは墓に葬られた
3. そして3日目によみがえられ、私たちの罪のゆるしと、
  永遠のいのちを保証してくださった

この3つ、が含まれていればいいんです。

しかしこの要素がなければ、本物ではない。

逆を言えば本物の種であれば、複雑に伝えようとしなくても
聞いた人の心にはちゃんと福音の種が芽を出し自然に育つのだ、
とイエスは語っています。

こう考えると、簡単じゃありませんか?
------

・・・そうなんですよね~。
ゴスペル=福音とは、イエス・キリストを通して与えられた3つの要素、そのものです。
それを信じて受け入れるだけで、罪がゆるされ、神の家族の一員に加えられるのです。
素晴らしい!!

ちなみに、上記の聖書の言葉の冒頭で、イエスは
「神の国は、・・・」とおっしゃっています、ここで言っている神の国とは、
イエスによって初めて明かされた「奥義としての神の国」を指しています、
(少し前の記事、「天の御国」という記事で詳しく解説しています)
まさに、今現在の、この時代の事をイエスは語っているんですね。

今の時代だからこそ与えられている恵み、それがゴスペルです!!

みなさんで、本物の福音のたねを蒔きましょう!!

また、ゴスペルを歌を通して蒔かれた種によって、
一人でも多くの方がこの3つの要素を味わい、自分の物とすることができますように!
スポンサーサイト



  1. 2008/05/24(土) 19:07:18|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<細川ガラシャ夫人 | ホーム | キリストにあって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/156-d46b8fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード