FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

最初の人、アダムの創造

最近、東京で行われているハーベストフォーラムでは、聖書の最初の書である「創世記」の解説が始まっていますが、もう最初から、今まで聞いてきた知識がいくつもひっくりかえされています!大きな発見が多数あって、本当におもしろいです。

今回はその、新たな発見から一つご紹介します。
----
神である主は、土地のちりで人を形造り、
その鼻にいのちの息を吹き込まれた。
そこで、人は、生きものとなった。

(創世2:7)

この聖書箇所は、神様が人類最初の人、アダムを創造されたときの記述です。

まず、人間の材料は「土地のちり」となっていますが、私たちが想像する塵やほこりとは全く違います!これは"土地の元素"の事をあらわします。土地は原語では「アダマー」そして人は「アダム」、ということで、「アダマーからアダムを造った」というヘブル語の言葉遊び、韻を踏んだ言葉になっているんですね。

ここで使われている「形造る」という動詞、原語は天地創造で使われた「バラー」とは違い「ヤッツァー」という言葉が使われています。ヤッツァーとは、すでにあるものを使って造る時の動詞で、陶器師が粘土をこねて陶器を形作る時の動詞です。聖書には神様が陶器師で私たちが粘土、または土の器、というような表現で書かれている箇所がありますが、実はここから来ていたんですね~。

この創世記2:7からわかるのは、人には二面性があります、

1. 人は土地のちりから作られましたから「自然界の一部」ということ。
 人は、どんなに偉くなっても、どれだけ大きな権力を持ったとしても、
 所詮は土地のちりである、土に返る時が必ず来る、とわかると謙遜になります。
 どんなに極悪非道の人でも、時が来たら必ず土に返ると思えば、見方も変わりますね。

しかし、土から造られたという要素だけでは人は卑屈になってしまいます、だから次の要素が必要です。

2. 神から、いのちの息が吹き込まれたので、人は崇高な存在です。
 この「いのちの息」こそ、神様の形です。私たちは神の形に似せて造られました。人は誰でもそのような存在です。

この二つの要素のバランスが保たれているところに人生の豊かさがあります。つまり、人は自然界の一部であると同時に、神の形に造られた崇高な存在なのだ、という認識のバランスが大切なんですね。人はなぜ生きるのか、なぜ生かされるのか、どこから私の価値が来るのか、常にここに立ち返る必要があります。
-----

ということで、人は本当に神様から見たら特別な存在なのだ、という事を、この2章の記述からより詳しく知ることができました。

それまでに創世記1章の記事から、天地創造の6日間、壮大な創造物語の最後に人が造られた、という解説がありました。

1章では神がカオス(=混沌、何もない状態)から天・地を生み出し、空や海、植物、鳥や動物など全てを造って、完璧に用意が整った上で最後に人をお造りになった、という事、どれだけ人は特別なのか、という解説の後にこの箇所だったので、さらに感動的でした。人は誰でも、神の目には特別な存在です!

しかし現実には「自殺大国・日本」と呼ばれて久しい現状があり、今年もすでに日本の自殺者が3万人を超えているそうです(世界でもワースト2位!)、そんなこの国に、この創世記2章のメッセージの土台があれば、どれだけの人が自分の価値を見いだすことができ、慰められるだろう、と思います。人はどれだけ年をとっても、たとえ大きな病気で弱り果てたとしても、どれだけ罪深くても、神様にとっては大切な存在である事には変わりないのです。アーメン。。

・・・しかし、この神の形である「いのちの息(=神の霊)」は、その後、アダムが神様の命令に背いて堕落したので、死んだ状態になってしまいます。また肉体の死ももたらされました。

あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついに、あなたは土に帰る。
あなたはそこから取られたのだから。
あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。
(創世 3:19 )

その子孫である私たちはもれなくそのような状態でこの世に生を受けます。

が、その死から回復する方法として、神様はイエスの十字架による新しい契約を備えて下さった、という"福音=GOSPEL"につながります。人は誰でもイエスを救い主と信じる事によって、死んだ「いのちの息」が回復します、つまり神との関係が、アダムの堕落する"前の状態"に戻る、という道を備えて下さったんですね。さらに堕落前には肉体の死もありませんでしたから、その状態が回復する、ということはつまり、この肉体は死んでも、キリストと同様の復活が私たちにも与えられ、永遠の命が回復する、という事になります。

このように創世記2章の話は、今の私たちに直結しています。すごいと思いませんか?

日本中に、この福音=GOSPELが広まりますように!





スポンサーサイト



  1. 2008/08/14(木) 16:15:12|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<柏GC 8月度WS | ホーム | 宮地・7月度レッスン報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://afgc.blog27.fc2.com/tb.php/148-19af1ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード