FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

イエスの系図にある4人の女性たち

さて今回は、こんな風に考えた事もなかった(驚)という
聖書の解説があったので、みなさんにご紹介します。
ハーベストフォーラムより中川健一先生のメッセージからです。
--------
(創世記・51回目のメッセージより)

メシア(=イエス)の系図には、本来入る事のない女性の名前が、
4人出てきます。
 1. タマル(マタイ1:3)
 2. ラハブ(同1:5)
 3. ルツ(同1:5)
 4. バテシェバ(ウリヤの妻、と書かれてある、同1:6)

この4人は全員、異邦人です。
(注;聖書ではイスラエルの民=ユダヤ人以外を異邦人と言います)

ではこの4人の女性がなぜ、メシアの系図に出て来るのでしょうか?
それは神様がどういうお方であるのか、イエスキリストの福音がどういう人に
届けられるか、というのを暗示しています。

・タマルについて→創世記38章より

タマルは、ヤコブの息子の一人であるユダの息子のエルと結婚しましたが、
エルは死んでしまいます、そして次の息子のオナンと結婚しますが、
オナンも死んでしまいました。ただ一人残された3人目の息子のシェラと婚約関係に
入りますが、また死んでしまうかもしれない、というユダの父としての恐れから、
タマルを実家に帰らせてしまうのです。
しかしいつまでもその状態で将来を案じたタマルは、遊女の姿をとり、
自分の姿を知られないようにしてユダに近づき、二人は結ばれ、結果、
タマルはユダの子を身ごもりました。
ユダは自分勝手な道に進んだ人でした、タマルもまたユダをだまして身ごもりました。
そのような罪の中から生まれた子がメシアの系図に入ることになります、
これは神様の恵みの深さを現しています。
タマルの罪は、神様の恵みの深さを示す型となっています。

・ラハブについて→ヨシュア記2章より

ラハブはエリコという町の遊女でした。
彼女はイスラエルのスパイをかくまって、イスラエルの神に対する信仰を表しました。
ラハブの信仰は、私たちの救いは信仰による、という救いの型となりました。

・ルツについて

ルツは、ルツ記に出て来る女性です。彼女は聖書によるとモアブ人です。
モアブ人とはアブラハムの甥であるロトの子孫で、
ロトとその娘による近親相姦で生まれました。
聖書ではモアブ人に対しては非常に厳しい律法があります。
申命記23:3には、
「アモン人とモアブ人(ふたつともロトの子孫)は、主の集会に加わってはならない。
 その十代目の子孫さえ、決して、主の集会にはいることはできない。」
とされているのです。しかしルツは、イスラエルの民と共に運命を共有したい、
と決断した女性です。このルツによって生まれた子がメシアの系図に入りました。
これは、律法とは別に神様の義が立てられる、という事の型となっています。
ですから、もはや私たちは律法の下にはいないんです。
イエス・キリストを信じる信仰を選び取る、という決断をした時に、
律法による義とは別に、神の恵みによる義を受け取るものとされているのです。

・バテシェバ→第二サムエル11章より

バテシェバは、夫のウリヤと同じように、おそらくヘテ人でしょう。
ダビデは彼女が"水浴び"をしている所を見て、非常に美しかったので
彼女を召し入れ、
二人は結ばれます。この水浴びは、女性の"月のもの"が終わって、汚れを清めるための儀式
=彼女はイスラエルの律法を守っていた、ということになります。
バテシェバは夫がいる身でありながらダビデの子を宿す、という大変な罪を犯しました。
(実際にはこの事は神様を非常に悲しませたので、その裁きとしてこの子供は
 病気で死んでしまいます。その次に生まれた子がソロモンです)
しかし、彼女から生まれる子がメシアの系図に入ります。
この事は、神を信じる信者が犯す罪の、赦しを示す型となっています。
イエスキリストを信じる、神様に従おうと決心した者が、
罪を犯した時にも神様の赦しが与えられているのです。
****

この4人の女性の生き方、それぞれがどのような恵みを神様から与えられたか、
を見て行くと、まさに、イエス・キリストによる福音の性質、
そしてイエス・キリストが招いておられる人々がいかに広いか、が明確になるのです。

神は、恵みにより信仰によって私たちを救おうとされました、
神は、律法による義ではなく、信仰による義を与えようとされました、
そして、神に従う決心した者がつまずき、たとえ罪を犯したとしても、
その罪を告白し、キリストの血潮による赦しをいただいて、
再び神に立ち返る事のできる道を開いてくださいました。


これが福音の内容であり、神様の恵みの素晴らしさです。。。アーメン
スポンサーサイト



  1. 2009/07/30(木) 14:16:33|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルチャー・7月度

こちらもだいぶ久々になってしまいましたが、
カルチャーで行っているゴスペルクラスの報告です。

今年から始まった熊谷に続いて、同じくカルチャーの草加でも
今月からスタートしましたので、この2つをまとめて報告します。

◆熊谷カルチャー:
7月度に歌った曲目は、6月に引き続き、
・My soul doth magnify the Lord
・Sanctuary
・One voice

そして今月から、
・Hallelujah a soulful celebration を新たに始めました。

こちらでは、回を重ねるごとに、みなさんのハーモニーの厚みと一致が増して、
本当に安定したコーラスになってきました!!
歌っているみなさんが一番感じてくださっているのではないかしら。。。
My soul...は初のアカペラ曲で、かなり苦戦した感じでしたが、
とりあえず最後までカバーできたので、この曲はちょっとお休みして、
また時期を見てもう一度取り上げたいと思います。Never give up!!

カルチャーさんに頼んでいた"ピアノの調律"もしていただいたし、
アンプも2台用意していただいたお陰で、私もだいぶやりやすくなってきました。
カルチャーさんのご協力に感謝です。(涙)

またこちらでもベビーラッシュなのか、
来月から産休に入られる方がお二人もいらしたんですよね~、素晴らしいことです。
そんな中でずっとゴスペルに来てくれた事を感謝して、お二人のために祈りました。
賛美の中に住まわれる神様の大いなる祝福がお二人を守ってくださいますように!!
------

◆草加カルチャー:
そして今月から新たに始まった、草加カルチャーの初のご報告です。
草加と言っても、最寄り駅は松原団地駅(東武伊勢崎線)なんですね。
私の自宅からはそんなに遠くないんですよ、実は。
今回この教室のおかげで、初めてこの駅を知りました。。

こちらでのゴスペルは、以前に講師をされていた先生がおやめになり、
ゴスペル教室自体がずっと休講していたそうで、そんな中で私にお話をくださり、
まったくの新規で今月からスタートすることになりました。

時間帯が夜(19:00~)にも関わらず、結構奥様方が多いのがこのクラスの特徴ですね。
ゴスペルに興味を持ってくださる層にも、それぞれ違いがあって不思議です。
初めて、という事で、みなさんにも歌いやすい日本語の曲からスタートしました。

今月歌った曲は、こちら↓
・Sanctuary→日本語と英語
・May the Lord God bless you real good


May the Lord...の方は、内容といい、リズムといい、比較的簡単な曲でも、
ゴスペルの醍醐味を十分に味わう事のできる曲だと思って、
思い切ってチャレンジしました。
結構みなさん楽しんで歌ってくださっているようで良かったです(^○^)

また来月もがんばって歌って行きましょう~~!!
  1. 2009/07/30(木) 13:24:16|
  2. カルチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宮地レッスン7月度

いや~・・・宮地のレッスン報告がすっかりご無沙汰になってしまいました。。
すみません!<(_ _)>
(って、どれぐらいの人が見てくれているかわかりませんが。。)

とりあえず、がんばって報告させていただきます!

今月、主に取り上げた曲はこちらです、↓
・I will go in Jesus name(振り付)
・You call me friend
・You are my song
・In the Sanctuary など


ということで、今月は今までのレパートリーを復習しつつ、
最近の新曲、I will go...に振りを付けつつ歌う練習もやりました。

You call me friend~You are my song は、昔よく歌ってたんですが、
今歌ってもやっぱり難しい!!私にも難しい曲です。
内容といい、メロディーといい、とても美しい曲なんですが、
メロディーライン・ハーモニー共にかなり複雑で、難易度・高ですよね。
発声練習で十分に、広い音域をスムーズに出せるように練習してから歌ってみました。
私自身、レッスンのたびにこの発声練習をやりますので、
今月のレッスンは自分にもすごく良い練習になりました。。

そしてYou call me friend のベースラインを新たにしましたので、
ベースの方々の苦労は絶えませんが・・・一生懸命作りましたので
ぜひぜひ覚えてくださいませ。よろしくです!

また、今月でしばらく休会に入るメンバーが結構いらしたので、
(最近なんだかベビーラッシュなんですよね・・素晴らしい事です)
そういうメンバーには"リクエスト大会"としての時間を設けて、
なつかしいのから最近のまでを結構歌ったりしました。
この選曲にも、結構な発見があったりしておもしろいですね。

今、9月に行われる「クラス発表会」に向けての準備が各クラスで進められていて、
レッスン後にみんなで集まって相談したり、練習したり、と、
結構盛り上がっているようです~。うれしいですわ☆☆
私もすごい楽しみです~♪

今回はピアノの加藤さんも参加してくださいますから、
かなりグレードアップになりそうです。
そうそう、AKOのソロタイムや全体で歌うのもプログラムに入ってますね。
もっか私も、自分で何を歌うか・・・検討中です。
(もしできたら、新しいCDに収録した曲を披露しようかな、と・・思案中)

このイベントは当日、一般の方も入ることができますので、→Ticket \500です
宮地以外の方でも、もし興味がありましたら、
AKOまでぜひご連絡下さいませ。
  1. 2009/07/28(火) 17:29:19|
  2. 宮地Lesson
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上田WS 7月度

続いて、上田WSのご報告です。

夏合宿に向けて、着々と準備やらプログラムやらができてきているようです、
とても感謝な事ですね~!!参加されるみなさん、ぜひ楽しみにしててくださいね!

今回の上田WSは、その夏合宿の2日目に歌う予定にしている曲から、
新しいメンバーがあまり知らない曲があるので、それを復習させてほしい、
というリクエストがあったため、こちらの2曲になりました。↓

・There's a praise
・Total Praise

どちらも、かなり歌い上げるタイプの曲ですが、UEDAクワイヤらしい2曲ですね。

古いメンバーはすでにコンサートなどでも歌っていますから、その方々がしっかり
歌ってくださるおかげで、進みも順調だったと思います。ざっとパートごとのメロディーを
確認して、最後に全員で合わせる、という流れで歌いました。

また、There's a praise は指揮者がいないと大変なので、メンバーのお一人に
指揮をお願いして歌いました。こんなこともスムーズにできるようになったんです・・・、
素晴らしい成長ぶり!!

このクワイヤは人数も多いのですが、メンバーの入れ替わりも多い、
それで昔歌った曲などは歌えないメンバーが増えてきて、その方たちのために、
資料用の音源が必要・・・ということで、なんと自分たちで作ってみた、という事です!!
いや~、この前向きな姿勢が素晴らしいですね~。。
聞かせていただきましたが、いやいや、立派なパートごとの資料が出来てましたよ、すごい!!

こういうのって、聞く人にとっても、もちろんかなり助けになるものですが、
作る側、実際に歌う側にとっても、ものすごい訓練になりますよね、
だって自分がお手本になるわけですから。。。責任が多少重く感じられると思います、
またチームワークも必要ですから、クワイヤとしてもますます成長できますしね、
それを繰り返すことによって、個人的にもクワイヤとしても、
どんどん成長していくことと思いますよ~。

なによりみんなが生き生きしているのを見るのが、私にとって一番の喜びです♪
応援してまーす!!
  1. 2009/07/18(土) 12:20:17|
  2. UEDAゴスペル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滋賀WS・7月度

続いて、滋賀のWSです。

今回はまたまたいつもの場所が使えなかった関係で、また別の会場での開催となりました。
守山駅から徒歩5分ぐらいのところでしょうか、あるスーパーの2階にある会場でしたが、
その場所もいろいろな教室に使われているような感じで、いくつもお部屋がありました。
とても使いやすい感じでしたし、こんな風に駅近辺にいろいろ会場があるのはとても便利ですね。

参加人数の方がちょっと心配でしたが、まずまずの人数が集まってくださって感謝でした!

・・・ただ、今回はソプラノがゼロ!!ということで、アルトとテナーパートの集中練習となりました。
これはこれで、とてもいい機会になったかもしれませんね。。

さて、今回歌った曲目はこちら。↓
・Total Praise
・O Happy Day


前回はTotal Praise の復習だけで終わってしまったので、
なんとかもうひとつの課題曲、O Happy Dayもあわせて、
2曲を、できるだけスムーズに歌えるようにしよう、という計画で始めました。

二つのパートに集中して練習したせいか、どちらも比較的スムーズに進められましたね!
良かった・・・(涙)

特に、久々に歌ったO Happy Day も、
他のWSと同じように男性にリードをとってもらうようにして歌ったら、これがまた良い感じ!
クワイヤの中でコール&レスポンスがあると、歌っていて楽しさが倍増するんでしょうね~。
今回は、イントロのコーラス部分は確認できませんでしたが、次回には歌いたいと思います、
また新しい曲にも取り組んでいきたいと思いますので、
ぜひみなさま、みんなでがんばって進めていきましょう~~!!
  1. 2009/07/17(金) 12:54:09|
  2. 大阪&滋賀WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪WS・7月度

大阪では梅雨明けはまだだそうですが、
天候も守られた中で今月も無事にWSが行われました。
今回は、先月に行われた高槻キリスト教会でのコンサートに来てくださった方が
WSに興味を持たれて参加されたり、チラシを見て来てくださった方がいたり、
サンクゼール直営店の店長さんが何名か参加されたりして、
(この日にちょうど店長会があったそうです)
たくさんの方が参加され、とても盛り上がりました!

また今回は特別企画として、コスモサウンドさんという音響会社の方がいらして、
なんでも、サグラダファミリア教会の音の響きを再現させるべく開発された、
アナログの音響機器を持ち込んでくださり、その試聴会も兼ねて、
WSの音響は今回これだけで行いました。
すごく不思議で、普通スピーカーというのは前面から一方方向だけに音が行くものですが、
この器機は360度、どこにいても同じ音が聞こえるんです。しかも音の深みが違う!!
やはりデジタルでは再現できない部分までアナログだと可能になるんでしょうか。。。
私も自分の声がいつもより良く聞こえて、とてもやりやすいWSになりました。感謝感謝!!

さて、大阪WSで歌った今回の曲はこちら↓
・我を呼べば
・I’m availabel to you
・Hallelujah


我を呼べば、はコンサートでも歌った曲ですが、
神様は本当に我らの祈りを聞いてくださり、コンサートを豊かに祝福してくださいました、
その感謝の意味も込め、この曲を歌って始めました。
→初めての方には申し訳なかったですが・・・ごめんなさい。。

そして以前にも取り上げた、「私をあなたのために役立ててください」という内容の
I’m available to you を復習も兼ねて歌い、このクワイヤがさらに
神様に豊かに用いていただけるように、という思いをもう一度みんなで確認しました。

そして今回初めて取り上げた曲は、かなり難しい大曲、
Hallelujah a soulful celebration です。
ぜひぜひ、この曲は大阪で歌いたい、とかねてから考えていました。
今回は時間の関係で、最初の♪Hallelujah…の部分しかできませんでしたが、
次回からどんどん進めていきます。

とても大きなチャレンジですが、この曲が歌えるようになったあかつきには、
またさらにクワイヤが成長していることと思います。今年の年末に向けて、
少しずつ進めていきましょう~。
  1. 2009/07/16(木) 15:49:50|
  2. 大阪&滋賀WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長野WS 7月度

いよいよ、(株)サンクゼール30周年記念の感謝祭が迫って参りました!
会社でいつもお世話になっているお得意様やお客様をご招待してのイベントで、
開催日は25日、たくさんの催し物が企画されているようです。
これらは全て社員の方々で企画・準備されているにも関わらず、さらに自分たちの歌声を、
最後に披露する、という、この情熱はすごいですね!みなさんの気合いを感じます。

今回歌ったのは、もちろん感謝祭で歌う3曲です。↓
・Make us one
・我を呼べば
・主はぶどうの木


そして、なんと!!今回は特別に、本番でも一緒に演奏してくださる、
ピアノの加藤景子さんも参加しての練習となりました。
いや~、WSが一段とグレードアップいたしました、感謝!!

最初は、主はぶどうの木のメロディーをまずパートごとに確認しました。
なんでもこの曲は、この会社の社歌でもあり、いつも会社の集まりの時に歌っているそうですが、
新しいメンバーはハーモニーをよく知らないので、もう一度教えてほしい、
というリクエストがあったので、ざざっと確認しました。
でも、昔からのメンバーはみなさん歌えますので、わりとスムーズに進められましたね、感謝!

そして最後は、本番さながらにみなさんに舞台に並んでいただき、客席を前にして、
さらに加藤さんのピアノと、社員で元ドラマーの山川さんにドラムをたたいていただいて、
最終的な仕上げをしていきました。
いや~、かなり豪華な賛美になりましたね~、さすが!!
その伴奏に押されてか・・・私もクワイヤへの指導がかなり熱が入ってしまったかも。。
本番を控えての練習、緊張感がさすがにただよっていました。。。

今までずっと一緒に歌ってきた、また指導してきたことが、このように見える形になって、
私自身、かなり感慨深いものがありましたよ。。(涙)
あらためて、全てを導いてくださった神様に感謝!!

みなさんの賛美が、しかも会社の30周年を祝う感謝祭で、
きっとたくさんの方々の心に届くと思います。

全ての栄光が主にありますように!!!
  1. 2009/07/14(火) 12:44:32|
  2. 長野stcousair
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏WS・7月度

江戸川台に続いて、柏グローリーチャペルでも、盛況なWSとなりました。
柏では特に、今回、韓国やニュージーランドからのお客様が
参加されたりして、かなりグローバルな雰囲気・・・の中で行われました。

なので、「私たちを一つにしてください」という内容のMake us oneを久々に歌いました。
この地上では国籍はそれぞれですけれども、神様から見たら、
キリストを受け入れたものは神の家族となり、みんな天国籍です!
神様を見上げて賛美する中で、みんなが一致を感じれるように、
という願いも込めて取り上げました。この祈りが聞き届けられた事を信じます!

ということで、今回歌った曲目はこちら。↓
・Make us one
・My soul doth magnify the Lord


初めての方や新しい方も多かったので、もう一度それぞれのメロディーラインを
確認しつつ、ゆっくり進めました。いや~・・・本当に素晴らしい賛美となりました。。。
これぞ、天国の前味を味わってる感じなんでしょうね。

そして後半は、My soul doth magnify the Lordです、
実は前回、あまりにも体力がなくて、この曲を教えられなかったんですよね・・・(汗)
いや、歌う方もエネルギーがいる曲だと思いますが、
教える方はもっとエネルギーを必要とするんですよ~!
いや、前回はほんっと無理でした。。みなさんには申し訳なかったです。

ということで、前回の分を取り戻すべく、今回はばっちりがんばりましたよ~。
ただ、初めての方もいらしたので、結局は今まで進められた以上のところには行きませんでしたが。
でも、このアカペラ曲の雰囲気がだいぶつかめてきている感じでしたね~、
かなりハーモニーの厚みと迫力が出てきてましたよ。目覚ましい成長ですね!!
次回にはこの曲の最後までいけちゃうと思います、来月が楽しみです。

そうそう、こちらのWSではいつも、みなさんの飲み物が用意されていて、
それがいつも見た目にも味にもこだわってる感じで、なんとも素敵なんですよ!
それを用意してくださるのはメンバーの一人でもある”ゆ~みん”さんで、
名付けて「ゆ~みん・ドリンク本舗」
今回は季節ものの梅ジュース(もちろん手作り)と、生のミントが入ったお水を用意してくれました。
梅は、時期的にもうこれで最後、って事でしたが、疲れた体にはありがたいですね~。
このような配慮、本当にありがとうございます!!!

それと、今回参加された韓国からのお客様は、なんでも伝道のためのミュージカルを作り、
それをいろいろな国に提供し、それぞれの言葉で上演することができるように、
という活動をなさっているそうです。。伝道の働きにもいろいろな形があるんですね。
そしてなんと!日本語バージョンを今、こちらの柏チャペルでレコーディング作業中で、
KGCメンバーががんばってコーラス入れをしている真っ最中でございました。
で・・・その流れで私も1曲歌うことになりまして・・・なんと、"ルシファー"役の歌でした。
私の女のような男のような声がまさにぴったり!!という事で。。(笑)
お役に立てられたようで、感謝でございました。。。
  1. 2009/07/12(日) 11:58:01|
  2. 柏KGC Choir
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸川台WS・7月度

東京ではすっかり暑さが本格的になって来て、私は少々夏ばて気味(早い?)、
教会にたどり着いた時にはだいぶヘロヘロな状態でございました。
私だけか、と思いきや、結構みなさんお疲れ気味の様子・・・
この時期、やはり暑さに慣れるまでが大変ですよね、
神様が賛美を通して私たちに元気をくださるように、という祈りを(まじで)込めて、
WSを進めました。神様、どうか助けてください!!

さて、今回歌った曲はこちら↓
・Sanctuary/あなたの聖い宮として
・O Happy Day
・我を呼べば


Sanctuary は、前回から取り上げていますが、前回は英語だけでしたので、
今回は日本語でも歌えるようにしました。
「私を今、あなたの聖い宮として、ふさわしく整えてください」という内容は、まさにぴったり!
疲れやだるさで重たい体が、神様の栄光によって作り替えられ、
力強い賛美が捧げられるように、という願いがまさに聞き届けられていくがごとく、
歌っているうちにどんどんみなさんの声が出るようになっていきましたね!
感謝でした~。

つづいて O Happy Day、こちらはかなりみなさんも練習してくださっているのか、
ずっと歌い続けているおかげで、だいぶ!形になってきました!!うれしいな~☆☆
特に、最初のコーラスのリードを男性陣に取ってもらうようにしてから、
クワイヤとしての一体感が強くなってきたんじゃhないでしょうか?
男性陣と女性陣とがコール&レスポンスになっていますので、
そのやりとりがすごくいい感じですよ~♪
それに、男性陣が歌っているその声がとても楽しそうで!私もうれしくなってしまいます。

そして、最後に 我を呼べばを 歌いました。。

こちらのWSは最後、牧師先生のショートメッセージがありますが、
(WSにも参加してくださっているので、いつも声が嗄れてる状態でお話されます、感謝です。。)
今回は”O Happy Day”の内容からお話しくださいました。
なぜ「O Happy Day! なんと幸せな日だ!」と、言えると思いますか?というメッセージでしたね。
イエスの十字架により、罪許されて神様と和解させていただいた、
神様の家族に戻れた、だから幸せなんだ!という事をわかりやすくお話しくださいました。

私も聴きながらもう一度その幸せをかみしめ、感動に浸っていたら・・・
その後に歌う、しめくくりの”アーメンコーラス”をすっかり忘れてしまいました。。(汗)
みなさんの方から教えていただき、慌てて歌いましたが、
とても満たされたアーメンコーラスになりました。

まさに最初に祈ったとおり、神様に元気をたくさんいただくことの出来たWSになりました、
感謝です!!
  1. 2009/07/11(土) 14:28:22|
  2. 江戸川台WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード