FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

4月度レッスン報告

だいぶ遅くなってしまいましたが、4月のレッスン報告です。

今回は月初めにさくらまつりがありましたので→こちらは別途記事を載せますね
その前まではコンサートに向けての練習にしてしまいました。参加されないメンバーにはちょっと心苦しい部分もありましたが・・、
でも今回始めてコンサートデビューしたメンバーもいて、すごく楽しかった、参加して良かった!という感想がありましたよ、うれしいことですね(⌒~⌒)♪

コンサートデビューされたメンバーのみなさま、おめでとう!!!

それ以外でレッスンに取り上げた曲、今月は
・Turn it around
・Hallelujah
・Jesus is the answer

などです。クラスによって他の曲もやったりしたかもしれません。。。

ここ1年ほどで新たに加わったメンバーもけっこういますので、みんなの足並みをそろえるためにも、これからの時期は新曲はやらずに、特に昔によく歌った曲たちを取り上げて、復習する期間にしようと思います。

その第一弾として"Jesus is the answer"をピックアップしました。

以前、CD第一弾で出した「With You」の中にも収録されているのですが、そのレコーディングの時には有志のメンバーでバックコーラスを入れもらいました。。。なつかしいですねー、あれは確か、5・6年前の話でしょうか。。。 

今回はそのアレンジとはまた違ったパターンです。私自身、ずっとあたためていた曲で、こんなアレンジで歌えたらいいなーと思っていたアレンジです。少しロック調で、なおかつ大きな展開部分があり、さらにキーも1音上がってます(Eb→F)、結構きついですがみんな歌えちゃうからすごい!さらにテンションも上がってていい感じ。で、今回のアレンジも好きだ、という声が結構上がってますので、良かったなーと思ってます。

今月はできませんでしたが、ソロの部分のバックコーラス、そしてソロ自体の練習も全体で挑戦してみようか、と考えております。ソロに関してはどようにやっていくかは検討中です。。一人じゃ難しいけど、みんなで歌えば恐くない!

それと、やはりこの曲自体のメッセージももう一度確認できたら、という思いもあったんですよね。

♪Jesus is the answer, for the world today
Above Him there's no other, Jesus is the way♪


キリスト・イエス=救い主・イエス、という意味です。救いに至る道はイエスしかない、それ以外の救いの道は私たちには与えられていないのだ、という事をみんなでシェアしたかったんです。本当にシンプルだけど永遠に変わる事がない神から与えられたメッセージ、ゴスペルそのものです。ぜひこの事も心に留めて歌ってほしい、と思います。

ちなみにこのバージョンは、Tribute: The Songs of Andrae Crouch というタイトルのコンピレーションアルバムに入ってます。他にもたくさん良い曲が入ってますので、興味のある方はぜひ聞いてみてくださいね!

andrae


スポンサーサイト



  1. 2008/04/29(火) 15:14:31|
  2. 宮地Lesson
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

PowerBook 寿命か? 2

いや~~~・・・

修理から戻ってきましたよー、PowerBook G4 “15。
すんごい早く上がって来てくれましたが、がっつり修理代もかかりました。。すでに、修理屋さんからPCがどんな状況か連絡をいただいた時点でもう値段も決まってたんで、覚悟はしてたんですが・・・やはり痛い!なんと6万ですよ!6万。

(゜口゜;)うっ・・・・・


もともとApple Protectionsなどにも入ってないので、とりあえず見るだけ見てもらおう、と、始めに修理を頼んだ所は、アップルと提携しているビット・システム・サービスさんでした。で、修理代の見積もりを出してもらってから決めようと思ったんですが・・・
→ 続きを読む
  1. 2008/04/11(金) 03:51:50|
  2. daily-life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらまつり08

今年も去年に引き続き呼んでいただきました、インマヌエル中目黒教会 のさくらまつり!満開の時期は過ぎてしまっていましたが、教会の皆さんの力強い祈りによって桜もだいぶ残っていました、おかげでたくさんの方々がコンサートにも足を運んでくださいました。感謝!

私自身、去年のさくらまつりでは迂闊にも風邪をひいてしまい、大変申し訳ない状態でしたので、今回はそのリベンジ!じゃないですが、体調を崩さないように祈りつつ備えて臨みました。Ako's Familyの中でも参加者が最終的にたくさん集まってくれて一安心・・・さらに最高の天気まで備えられた中でコンサートを迎えることができました。きっと教会中のアツーイ祈りがずっと積まれてたんだろうな・・・と思いました。感謝!

歌った曲目はこちら↓

・Jesus we crown You with praise -- 手話:木3の美江さん
・Lord I lift your name on high
・You are my song -- ソロ:月8しんちゃん(お話もしてもらいました)
・NYOTA -- 伴奏:木8の(杉山)なおちゃん
・いちわのすずめ
・いつくしみ深き
・Dreams will come true
・May the Lord God bless you real good


最後の3曲は会場の皆さんにも歌っていただきました。また教会スタッフの方からの熱烈なリクエストで実現したピアノの加藤景子 さんの話では会場が笑いに包まれ、その中にもしっかりと聖書の話がなされて・・大好評でしたね!さすが☆

最後の牧師先生のショートメッセージも印象的な画像を使ったお話でしたねー。パッと見ると一瞬ではよくわからない、でも確かに「JESUS」という文字が書かれている、そういった画像から、神はいない、という色眼鏡で世界を見ると見えないが、違った角度から見れば神はいることがわかる、というようなお話・・だったと思います・・・教会のホームページでも内容が公開されていますのでちゃんと知りたい方はぜひチェックしてみてください!というか、お話があまりにもショートだったので・・・私たちの時間が長過ぎてしまったのか!?またやってしまったか!?、と内心どきどきの冷汗もんで反省しながら聞いてましたので・・あ~、すみません、うろ覚えです(≧≦)

とにかく、めいいっぱい賛美させていただき、また会場の皆さんにも一緒に歌っていただいて本当にこちらが感動しました!教会の皆さん、来てくださった皆さん、ほんとうにありがとうございました!

さくらまつり08

※教会のwebsiteにあった写真を勝手に拝借しました、ごめんなさい!!

最後に、コンサートアンケートを見てくださった方々の感想を抜粋して載せさせていただきます。こちらも励まされます!感謝、感謝!!

=======
・主を讃美する素晴らしさを言葉にあらわせないくらい感じ、涙があふれてきました。私を愛して下さっていることを心から感謝しています。この喜びを一人でも多くの方に伝えていきたいです。
・素晴らしい集会を有難う御座いました。少々疲れ気味でしたが、もう一度主の霊に生かされ恵みに満たされた。
・去年よりもパワーUPして良かった。友達がハッピーな気分になってくれた。途中で帰るって言っていたのに最後までいてくれました。感謝。
・元気の出るゴスペルコンサート有難う。ショートメッセージも大変恵まれた。
・友なるイエスの讃美をジャズピアノで歌ったので楽しかった。
・素晴らしいコンサート。讃美出来て嬉しかった。
・若い人のパワーをもらいました。明るく元気なゴスペルと率直なお証、短いメッセージもとても良かった。
・生のゴスペルを聴くのは初めてでしたので少し照れくさい感じがしましたが、(一緒に歌うところ)西村さんの歌、とても素晴らしかった。(教会員口コミ)
・お寺の帰りに不思議な縁でゴスペルを聴くことが出来てハッピー。私はボイストレーナーをしています。(街角にて案内されて)
・主を讃美するということは何と素晴らしいのでしょうか。感謝でした(突然来て知った)
・とても楽しかった。初めてのゴスペルコンサートを聴きましたが、こんなに楽しいと思わなかったです。また来たいです。(親族・友人の誘い)
  1. 2008/04/06(日) 17:40:38|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天の御国

聖書でも有名なこの言葉、
「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
 そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」
(マタイ6:33)

素晴らしい言葉ですね!

・・・と言っても、神の国を求めるとは、具体的に言うと・・・何だっけ?と、
なかなか説明できないのが正直な所でした。

今回この「神の国」(=天の御国・てんのみくに)の意味、またしてもハーベストフォーラムで解説がありました。あまりにも深いです・・・。

-------
<天の御国の概念>

"天の御国"とか"神の国"とか言い方もいろいろありますが、全ては同じ意味です、英語で「御国」は"Kingdome"=王国、ということで、基本的な意味は「王である神様の支配する国」の事を言います。

聖書に出てくる天の御国にはさまざまな意味があって、実は5つあります。

1. 普遍的で永遠の王国
・・・神様が被造物の世界に対する支配権を持っておられる。この意味では永遠の昔から永遠の未来までずっと続いている。そして全て神の赦しなしには何も起こらない。
→しかしその中にも神様が喜んでおられる積極的な御心と、必ずしも神様は喜んでおられるわけではないが、人間の側があまりにも頑固なので赦している消極的な御心とがある。

2. 霊的な王国
・・・神を信じた者の心の中にある、神の支配の事。これがマタイ6:33で言われている神の国の意味。ということは、神を信じて受け入れて、神とともに歩む人生に入った時に(=神の国を求めてそれを受け取った時に)、その道が開かれる(=全てのものが与えられる)。
神様を信じて(イエスが与えられて以降は、イエスを救い主として受け入れて)、その信仰と恵みによって生まれ変わり、聖霊によって新たに作り替えられる(新生する)人、全てがこの霊的な王国に含まれる。

3. イスラエルの民に対し神が王として支配する国、神制政治の王国
・・・神様は旧約聖書で、イスラエルをご自分の民として選び、エジプトから導き出し「わたしが王であり、あなた方は私の宝の民」と言った。イスラエルに対する神の支配。

4. メシア的王国(=千年王国)
・・・メシアが王として来られ、統治する王国。黙示録ではその王国は千年続く、というところから、千年王国とも呼ばれる。旧約聖書の預言者たちは、イスラエルが崩壊していっても、後にメシアが来られ、新しい王国を建てられる、という預言をしている。なので 旧約聖書の預言の主要なテーマは、メシア的王国の成就。
→バプテスマのヨハネが「悔い改めなさい、天の御国は近づいたから」(マタイ3:2)と言った、これはメシア的王国の事。なので、もしこの時ユダヤ人(=イスラエルの民)たちがイエスをメシアだと受け入れていたら、メシア的王国はその時に成就していた!しかし拒否したため到来しなかった (×_×)。。。

※もし到来していたとしてもイエスの十字架はあった。なぜなら全人類のあがないのために必要だから。

5. 奥義としての王国
・・・ユダヤ人たちがイエスを拒否したためメシア的王国は成就せず、到来の先延ばしが決定的になった後、イエスが弟子たちに明らかにしてくださったのがこの「奥義としての王国」(マタイ13:11)。使途行伝の2章以降、ペンテコステ以降にスタートした"教会時代"はここに入る。それまで教会に関するの預言はひとつもなく、ここで初めてイエスによって啓示された。でも教会=CHURCH ではなく"教界"とするほうがふさわしい、13章でもイエスが言ったように、本物も偽物の教会も含まれるから。今、私たちはここにいる。

という、これら一連の事が、神様の壮大な「神の国のプログラム」です。
  1. 2008/04/04(金) 19:25:41|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード