FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

預言の成就

最近、特に思うのは、聖書を読む際にユダヤ的な背景、ユダヤ教的な視点がないと、私たちには理解するのは不可能なんだよなー、と言う事です。私は個人的にイスラエル聖地旅行にも行って、聖書の世界が今でもちゃんと息づいているのを体験し、また聖書で書かれているユダヤ教の律法を同じように今でも守り続けている人たちを見て、つくづく感じています。そして今の時代に、その背景から聖書を解き明かしてくださる先生からのメッセージを日本にいながらにして聞くことができる、これもまさに恵みだなーと思っています。

そんな中で、「ハーベストフォーラム東京」という、ハーベストタイムの中川健一先生が毎週東京で開いている集会のメッセージは本当に毎回が新しい発見と大きな恵みをもたらしてくださいます。

http://www.harvesttime.tv/

たくさんある発見の中で今回このブログで取り上げるのが「預言の成就」ということです。聖書にはよく「これは~~という預言が成就するためであった」という言葉が出てきます。で、私自身もこの言葉をどう捕らえたらいいかわかりませんでした。特に悲しい出来事が起こったところで、"これが預言の成就だ"、と言われると、こんな悲劇も神様が意図された事なのか・・・という風に思ってしまって、結局良いことも悪い事も、神様のなさっている事なのだ、という勘違いにつながってしまってました。その言葉を、ハーベストフォーラムのメッセージで解説を聞いた時に、100%ではないかもしれませんが少しでもわかって納得することができました。
-----

それはマタイの福音書2章からのメッセージで、この中でメシアに関する預言が4つ出て来ています。この預言の成就、という言い方で旧約聖書を引用する、その方法を解説してくださいました。

1. マタイ2:6
「ユダの地、ベツレヘム、あなたはユダを治める者たちの中で、
 決して一番小さくはない。
 わたしの民、イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。」
  →ミカ5:2からの引用

2. マタイ2:15
 これは、主が預言者を通して、
 『わたしはエジプトから、わたしの子を呼び出した。』
 と言われた事が成就するためであった。
  →ホセア11:1 からの引用

3. マタイ2:18~
 「ラマで声がする。泣き、そして嘆き叫ぶ声。
 ラケルがその子らのために泣いている。
 ラケルは慰められる事を拒んだ。子らがもういないからだ。」
  →エレミヤ31:15からの引用

4. マタイ2:23
 (イエスの家族は)そして、ナザレという町に行って住んだ。
 これは預言者たちを通して、「この方はナザレ人と呼ばれる。」と
 言われた事が成就するためであった。
  →聖書をいくら探しても、このような記述はない

で、この4つは、当時ユダヤ教の律法学者(=ラビ)たちが旧約聖書を引用する時の4つのパターンを全部出している、教科書的な場所だそうです。(マタイはこの福音書をユダヤ人に向けて書いています)

一つ一つを大まかに説明すると、

1. 預言された文字通り、そのまま起こる
・・・預言通り、キリストはベツレヘムでお生まれになった。

2. 実際に起こった歴史的出来事を取り上げて、それを型として説明する。
・・・預言者がエジプト(とかバビロンとか)と言う場合は、物理的なエジプトではなく、神の民を滅ぼそうとする全ての脅威(→この場合はヘロデ:当時2歳以下の子供を全部殺してキリストを抹殺しようとした)を総称する言葉。キリストがここでヘロデの手を逃れ、救い出された事がオリジナルで、出エジプトの出来事はその型、という事。・・・かなり難しい内容です。

3. 実際に起こった歴史的事実から適用している、そこに一つでも共通点があればいい
・・・ここでは2歳以下の子供たちを殺されベツレヘム中のお母さんたちが泣き叫んだ、その「泣いた」というのが共通点。エレミヤ書では、若者たちがバビロン捕囚で連れて行かれた(ラマはその別れた場所)、その息子を奪われたお母さんたちの嘆きと一緒だ、という事。

4. 預言者「たち」となっているように、いろいろな預言者の言った事をまとめるとこのようになる、という使い方。
・・・実際「ナザレ人と呼ばれる」というような預言は、聖書には出てこない。ナザレという町はガリラヤ地方にある小さな町だが、当時、ガリラヤは蔑まれた地方、そこにある町で、旧約聖書には一度も出てこないほどの小さな小さな町、そんな場所でキリストは30年間を過ごされた、それほどへりくだった生涯だった、と表現している。

----
一つ一つが、実際のメッセージの中では深く深く掘り下げられ解説されていますが、ここでは大まかにしか書けません。しかしこれだけを見ても、私たち異邦人には、自分たちの知識だけでは聖書は到底理解できない事がわかりますよね、というか、わからなくて当然だな、と・・・。本当に表面だけで見ていたなんだなーと思わされます。

いずれにしても、預言の成就、という言葉の意味をとらえ違えていた事を知ることができました。それは旧約聖書を引用している、という事だったんですね。その方法もひとつではない事も知りました。

もっと詳しい事を知りたい方は、ぜひこのメッセージを聞いてみてください。CDで購入できるようになっています。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/31(月) 14:59:01|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

MacBookで音楽

PowerBookがだめならしょうがない、MacBookの方でがんばろう!と、
こちらで音楽作りを始めました。資料作りのために欠かせない作業です。

私はもっぱら、もともと入っているAppleオリジナルのソフト、
GarageBandを使います。あらかじめ入っているAppleループでリズムを入れ、(下手な)キーボード伴奏を入れて、それに合わせて歌を入れる、という作業です。できる事は限られますがなにしろ操作が簡単で慣れているので、ある程度までガレージバンドで作り、それで間に合わないような作業が必要になった時に他のソフトで開いて、エフェクトをかけたりテンポを操作したりして仕上げます。
080501-110317.jpg
あーー・・
また占領された・・・o(;△;)o
→ 続きを読む
  1. 2008/03/31(月) 03:53:49|
  2. daily-life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PowerBook 寿命か?

前回にも書いた、私のメインマシンであるPowerBook G4、
ディスプレイのトラブルから・・立ち直らないまま・・・です。

自分の思いつく限りの全ての事を試してみました。

軽い所から、
・PRAM再起動(何度やったかわからない)
・修復ソフトにかける(これも何回もやってみた)
・変なファイルがあったらと思って、空き容量をきれいにした
・それでもだめなら・・と、初期化もした
・それでもだめで・・ハードディスク交換もしてみた


が、何をやってもかわらなかった。。。くそーーっ☆

やはりハードウェアの問題だったのね。。。

もうお手上げで、やっぱり修理に出す事にしました。アップルのサイトより調べたら、いくつか正規プロバイダ契約しているお店がある、という事で、近場のお店を探して早速申し込み。ちょっとは安心かも。

ついでにDVIポートに入れてしまったネジも取ってくれたらうれしいな。

でも・・Apple Protectionプランにも入ってないし、値段が・・・いったいどれぐらいかかるんだろうか???
  1. 2008/03/28(金) 03:50:49|
  2. daily-life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月第2回目レッスン報告

大久野中スプリングコンサートも無事終わり、次のさくらまつりに向けて内容を進めています。コンサートに参加されてもされなくても、ぜひ一緒にみんなで作って行きましょう~。

第2回目レッスンで歌った曲はこちら↓
・You are my song
・Jesus we crown You with praise
・Lord I lift Your name on high
・NYOTA

"You are my song" では、みんなに中腰になってもらい、おなかに力を入れて声を出す練習をしながら歌いました。おなかに力が入ったら、がぜん声の出方が変わってびっくりでしたねー☆ みなさん、ぜひそのコツを忘れないでね。

それと・・個人的な話になっちゃいますが、"Jesus we crown You..."を歌っていてふと思いました、どあたまの歌詞の

「♪世に来られし 主を十字架に~、いばらの冠 その頭に~♪」

ちょうど、今のこの時期にぴったりな歌詞だな~と・・

今年のイースター:復活祭 が23日だとすると、その前の週の日曜日、16日は「しゅろの聖日」英語では「パームサンデー」と言って、キリストがエルサレムに入城した日を記念する日で、その4日後に十字架にかかられますから、今はちょうど、その十字架を直前に控えた時期にあたるんですよね。

民衆はむち打ちを受けて血まみれのイエスに"いばらの冠"をかぶせて、こぞってつばきを吐きかけ、ののしりの言葉を浴びせ、イエスが十字架にかかってもなお「神の子なら、今すぐ十字架から降りてみろ」と言いました。最後まで十字架の道を阻止しようとする悪魔の働きが激しくなる中、イエスはただ引かれて行く小羊のように黙したまま最後まで従順に十字架の道を歩まれました、それは私たちの全ての罪の代価を支払い、私たち一人一人の罪がゆるされるためでした。。

今まで何度となく聞いて来たこの十字架の話、この歌を歌いながら身に迫ってきました・・・、

そして"Lord I lift your name on high"で、さらに話がつながって、死んだままでは終わらない、主は墓からよみがえられ、今も生きておられるんだ、私たちとともにおられるんだ!という希望をしっかりと確認しました。

「♪十字架により いのちあがない よみがえられた~♪」

と何度も歌ったこの歌詞がさらに感動でした~(涙

いや~、やっぱりゴスペルを歌えるって、すんごい恵みなんですね!!

(って、こんなに興奮してるのって私だけ?・・・ですね・・)
  1. 2008/03/15(土) 21:57:52|
  2. 宮地Lesson
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

VMware Fusion

久々の更新となってしまいました・・・って、これを書いている場合じゃない状況ではありますが、
あまりにも感動で書かずにはいられなかった。

最近のソフトは本当にすごいですね~

以前から気になっていたんですが、Mac OS上で、Windowsが立ち上げられる、というソフト、”VMware Fusion” をついに購入してみました。というのも、私のMacBookには実は定番ソフトである”Office”が入っておらず(だって高いんだもん!)、Windowsの方にならあるので、WordやらExcel やらの書類をもらうといちいち起動し直してWindowsにしてから開いて、編集して、それをまた送る時にはMacに戻して・・・と、相当面倒な事をしていました。それとか、GyaoのネットTVもeBooks もMacじゃ見れないし・・・という事で、やはりWindowsを使う頻度も上がって来たので、思い切って購入いたしました。
080314-204754.jpg

VMware Fusion

→ 続きを読む
  1. 2008/03/14(金) 03:59:31|
  2. daily-life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枯れたいちじくの木

キリストが空腹のとき、何も実をならせていない「いちじくの木」を
枯らせてしまった・・・これはどう理解すればいいの?
そんな疑問をいだいたことはありませんか?

実はこのことにも、深い深い意味があったんですね。今回はその解説です。
=========

<今日の御言葉>
道ばたにいちじくの木が見えたので、近づいて行かれたが、
葉のほかには何もないのに気づかれた。
そこで、イエスはその木に「おまえの実は、もういつまでも、
ならないように」と言われた。すると、たちまちいちじくの木は枯れた。
(マタイ21:19)
-----------

この出来事は、イエスが公生涯で最後の過越の祭りを祝うために、
エルサレムへ来られた時に起こりました。この祭りで十字架にかかる事も
イエスはご存知で、最後まで弟子たちにさまざまな教えを伝えて行きました。
この出来事も、"弟子に教えるため"に起こった事です。

マタイは時の経過を省略して書いていますが、マルコ(11:11~25)を見ると、
これが2日間にわたる出来事である事がわかります。

ではこの箇所は何を教えているのでしょうか。
イエスの"人性"と"神性"という二つの側面から見てみましょう。

1.空腹を覚えたというのはイエスの人性をあらわしています。

 過越の祭りは春の祭りです、いちじくの木は春に葉を茂らせますが、
 小さな実(初なり)をつけます、イエスが期待したのはこの実です。
 しかしそこには葉のほかは何もありませんでした。

2.イエスはその木をのろわれました。これはイエスの神性を示しています。

 このいちじくの木はイスラエルの民を象徴しています
 (エレミヤ書24:5,ホセア9:10)。
 より詳しく言うと、当時のパリサイ主義の信仰を指し、
 一見敬虔そうに見えながら、霊的実質が伴っていないのが、
 パリサイ派の信仰でした。

いちじくの木が枯れているのを見て、弟子たちは驚きます。
イエスは弟子たちに、ご自分の人性と神性をここでも表されたのです。

そこで弟子たちに、いちじくの木を通して二つの教訓を与えます。

1.枯れたいちじくの木は、不信仰なイスラエルの民の運命をあらわします。

 彼らは紀元70年にローマ軍によって滅ぼされますが、
 その原因は不信仰にありました。

2.信仰による祈りには力があります。
 「山が動いて海に入る」(21節)という表現は、ラビ(律法学者)たちが
 よく使った言い回しです。(山=難問という意味で使う)
 イエスは当時よく知られた表現を用いて、
 信仰による祈りには力がある事を教えました。
 →山が動く=神の知恵が与えられ難問が理解できる、という意味

実をつける信仰、また力ある祈りとは何かを考えましょう。
へりくだって神の知恵と力に信頼する人には、
常識では不可能と思えるような事が可能になります。

(デボーションガイド「クレイ」2002.11月号/中川健一 著より)


初なりのイチジク↓

初なりのいちじく
  1. 2008/03/12(水) 13:27:20|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大久野中スプリングコンサート

毎年こちらで行われているスプリングコンサート、今回もAko's Familyを呼んでいただきました。Ako's メンバーもたくさん来てくれましたねー、ありがとうございました。

毎回、前半に生徒さんたちによる発表&先生方による発表、そして後半にAko's Family&大久野中の生徒さんたちと一緒に演奏する、というスタイルですが、今回も盛りだくさんでしたね~。前半の生徒さんたちの発表には涙する人がちらほらいらっしゃいました。なぜか彼らの純粋な歌や演奏は私たち、とくに大人?の心にストレートに響いてくるんですよね・・。さらに先生方も負けてはいない!!先生方もめいっぱい趣向を凝らした演奏を用意されていました。今回はAkoも助っ人で参加させてもらいましたが、もう楽しかったーー!!さぞ、普段もあのように目一杯に生徒さんたちに接しておられるんだな~などと思いました。こんな先生方だったら、私の中学時代も楽しかっただろうな・・・。

大久野中コンサート1

大久野中コンサート2


そしてAko's Familyもがんばりました!メニューはこんな感じです。

・King Jesus is a listening
・Bridge over troubled water
・Joyful Joyful
・Amazing Grace
・Dreams will come true
・May the Lord God bless you real good

Amazing とJoyful は、生徒さんたちと一緒に歌いました、また "Joyful"ソロをじゅんこ先生にお願いして歌っていただきました。これも良かった!Ako's のメンバーもみんな良い~顔して歌ってましたねー、またその歌声も年を追うごとに迫力を増して行ってる気がします・・・。素晴らしい!最後の2曲は会場の皆さんと大合唱して、お互いの神様の祝福を祈りながらコンサートを終えました。もうみんな汗だくだく、大盛り上がりでした~。。Ako's Familyのみなさん、本当にお疲れさまでした!
大久野中コンサート6


大久野中コンサート3


大久野中コンサート4


大久野中コンサート5



そしてPTAの役員の方々がいろいろ送迎やら食事の用意(手作りのすいとん、これがまた楽しみ☆)をしてくださるのですが、その何人ものみなさんに「来年もまたよろしくお願いします!」と言っていただけて、本当にありがたく思いました。ぜひぜひ、よろしくお願いします!!

そして、最初から最後まで、全てを仕切って奔放していた目黒先生、
本当にお疲れさまでした!!<(_ _)>

P.S.
Akoは全てを出し切って放心状態・・・直後久々に風邪をひきましたー、、、ははは。

  1. 2008/03/10(月) 13:05:23|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

心は錦

カテゴリの編集上の問題で、もう一回ブログデザインを変えました。

日本人の心だ!!
  1. 2008/03/07(金) 13:32:30|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ということで早速・・

3月第一回目のレッスン内容を報告いたします。

歌った曲目
・Joyful Joyful
・You are my song
・Lord I lift your name on high
・NYOTA

ということで、Joyful は引き続き、今週末の大久野中スプリングコンサートで歌うために通しておきました。プラス、Dreams will come true, Bridge over troubled water, King Jesus is a listening などを予定してます、参加される方、各自復習!!!お願いしまーす。

新曲の"Lord I lift your name..." と、久しぶりの"NYOTA"は、4月6日に行われる中目黒・インマヌエル教会のさくらまつりで歌えたらな、という事で取り上げました。

→本日の火曜日のレッスンから、参加者募集の用紙を掲示板に貼り出しました。

Lord I lift...はまたエンディングの形が固まっておらず、一番いい形になるよう、レッスンの中でただいま探り中です、なので3月の2回目レッスンではちゃんと形になるように、と思っています。

それとNYOTAは、レッスンの中では時間がなくて半分ぐらいしか復習できませんでした、が、歌ってみるとみんな結構覚えてるもんですね。実はインマヌエル教会の牧師先生が、以前ずっとアフリカに宣教師として行っていた事もあり、NYOTAはアフリカつながりでいいんじゃないか?というリクエストがあったので、やってみよう、という事になりました。そして、本番でのピアノ伴奏は去年のクラス対抗で演奏していた木8のなおちゃんが快諾してくれました!ありがとう!!

この曲に関してはかなり久しぶりにも関わらず、レッスンも残り少ないので、パートごとに録音したものを「Members Only」よりダウンロードできるようにしました、ぜひみなさん予習をして来てくださると、大変に助かります、よろしくです!

イベントに参加される方もされない方も、一緒に作って行きましょう~☆

西村@管理人
  1. 2008/03/05(水) 01:18:06|
  2. 宮地Lesson
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード