FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神に頼って踏み出す

創世記24章からのメッセージです。
----

<今日の御言葉>
主は、み使いをあなたの前につかわされるであろう。創世記24:7
-----------

年老いたアブラハムは、僕(しもべ)を呼び、
息子イサクの妻をめとる事について、二つの条件を出した。
一つは、カナン人からめとってはならない事、
二つ目はアブラハムの生まれ故郷へ行き、
親族からめとらねばならない事、であった。

生まれ故郷とはアラム・ナハイムであり、
そこはカナンからはるか北の遠く離れており、
メソポタミア文化として後世にまで名を残したけんらんたる
文化の都であった。そこからカナンのような不毛の地に
好んで来るような娘があろうか、僕はすぐに「はい」と
承知することができず、
「もしその娘がわたしについて来なければ、
あなたの子を生まれ故郷へ連れ帰るべきでしょうか」
と尋ねている、アブラハムは答えて、
「私の子を決して向こうへ連れ帰ってはならない、
天の神、主は私を父の家、親族の地から導きだして私に語り、
誓って、お前の子孫にこの地を与えると言われた。
主はみ使いをあなたの前につかわされるであろう」

アブラハムにとって「主はみ使いをあなたの前に
つかわされるであろう」事だけがたよりであった。
この事こそ彼の立ち所であったのである。

アブラハムはイサクをモリヤの山にともなった時、
「父よ、火とたきぎはありますが、燔祭の小羊は
どこにありますか」と聞かれて、
「子よ、神自ら燔祭の小羊を備えて下さるであろう」
と言った。この時も彼にとって神だけがたよりであった。

マリアが主の御告げを受けておじまどったとき、
主の使いは「神には、何でもできないことはありません」(ルカ1:37)。

また天国に入る事の難しさを聞いて、
「では誰が救われる事ができるのか」と弟子たちが
つぶやいたとき、主イエスは「人にはそれはできないが、
神にはなんでもできないことはない」と教えられた。
(マタイ19:26)

信仰とは神によって踏み出す事である。

それはただ主の助けによって始められる事である。
それに気づかず、恐れたり、煩悶したりすることは愚かである。
いつでも主は、信じる者の前に御使いをつかわして、
その歩みを助けて下さるのである。

(聖書 一日一章/榎本朗郎 著より)
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 12:34:46|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神のいのち

久しぶりです!・・なかなか投稿できず、すみません。。。

今回はあるセミナーで心に残った言葉です。私自身はっとさせられました。

必死で取ったメモなんですが、ちょっと文脈的に不明な部分もあります、すみません。
----

・ユダヤ人にとって神の御名とは?
神の名を口にするだけでも恐れ多い、ので、それを説いた文献はないらしい

→神がご自分で名乗っている場所がある
出エジプト3章 モーセに言った言葉 "I am that I am"

これは神から来ている、にもかかわらず自分のもんだ、と思ってしまっている。
   ↓
"あがない"は、罪許された、だけではない、
死ななきゃならない
   ↓
そんな罪深い人は死んだ(肉にて殺されている)
だから救われたのだ(霊にて生かされている)

=「いのちは御霊であり、御業」→私のものにしてはならない。

"神のいのち" しかない、"自分のいのち" はないのだ、それが「救い」。
  1. 2007/12/30(日) 14:08:46|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひゃっほ~~♪

何を隠そう、私の生活はほぼ、”ネットショッピング”で成り立ってます。最近では食材でも、ネットで申し込んだ定期的な宅配便です。

何しろ、デパート&ウィンドウショッピングが苦手、何かを探しまわるのもきらい、人が多いところダメ、店に入って声をかけられるのも恐い・・・という私なので、滅多な事ではショッピングに出かけたりはしません。代わりに気軽に自宅にいながら欲しいものがとことん調べられて、しかも値段を比べたり選べたり、というネットショッピングは私のようなタイプには大助かり、多いに利用しています。ただ、安いのを探しても送料がかかるから、結果的に値段はあんまり変わらないかもしれないけれど、玄関まで運んでくれるので大きい物なんかはありがたいんですな。

→ 続きを読む
  1. 2007/12/30(日) 03:27:26|
  2. daily-life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス、無事終了~☆

やはり、毎年恒例ですが、この時期は本当にすべてが怒濤のように押し寄せてきて、その日一日与えられたことを果たして行く、ただそれだけが精一杯な日々です、が、ひとまず無事、すべてが滞りなく終わりましたーー、ハレルヤ!いや~、この時が来るのを心待ちにしていました。。。( ´o`)п< <(ホ)

12月度は、あたまの柏グローリーチャペルに始まり、滋賀県でのNHKの収録&コンサート、在日韓国YMCA、UEDAゴスペルクワイヤ、モザイク銀座、大阪サンクゼール、そして最後、長野サンクゼール・レストラン・・・こうやって挙げるだけでも目まぐるしいですね~。大小に関わらず、全部のプログラムを考えて、準備して、必要ならリハーサルして、と、一つ一つにかける手間、というか、エネルギーは変わりません。そして、どれも演奏させていただくたびに反省し、時には落ち込み、または学び・・・すべてが私の歌の人生に大きな影響をもたらします。。なんという祝福でしょうか。気を抜くことはできないし、体力的にも精神的にもつらいけど、でも終えてみて思うのは、やっぱり続けて来れたことが奇跡に違いないし、自分にはもったいないほどの大きな祝福だと思います。だって、私一人でできることなんて、何一つないんですからね!たくさんの方に支えられて、すべてが進んだ訳で・・なんという幸せ!と思います。

日本にもっとゴスペルシンガーやゴスペルの指導者がたくさん生まれてくれると良いな~、と切に願います。日本のゴスペルシンガー、がんばれー!!

ueda1216.jpg
みなさん、ありがとうございました^^!!

xmas07_1.jpg

12/23 の長野サンクゼールで行われたコンサートの後、スタッフの皆さんの手厚いもてなしを受け、
一緒だった加藤さんとともに、素敵なディナーをいただきました。
12月の大変な時期を乗り越えられるのも、加藤さんという強いパートナーがいるおかげでございます。
「ほんっとに、たくさんたくさん、お疲れさま&ありがとうございました!」と、
お互いの労をねぎらいつつ、いただきました。
いや~、こんなひとときが、なんと私たちを慰めてくれるでしょうか・・

xmas07_2.jpg

しかも、最後こんなデザートでサプライズ!もう、心憎い演出に泣けました・・・
  1. 2007/12/29(土) 23:19:36|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。