FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

熊本ベテル教会にて

この度、2度目となる熊本ベテル教会でワークショップとコンサートを行ってきました。今回は新しくできた新会同で行いました。やはり新しいスタートを切るという事は痛みを多少なりとも伴うもの、そんな中でわざわざ私を呼んでいただいた、という事も感謝に思い、祈りつつ伺いました。

今回も前回同様、ピアノの加藤景子さんと一緒に招かれました。感謝です!

そして日程は、
・6月10日 東京から熊本へ移動し、その足で夕方/夜と2回に分けてのワークショップ
・6月11日 午前に礼拝にてメッセージ&賛美
      午後に教会にてセッティング、簡単なワークショップ/リハ、コンサート
・6月12日 遅めの飛行機にして、出発前にちょこっと熊本を散策してから東京へ

という内容でした。いつもながら、かなり凝縮された内容でしたが、皆さんの暖かい人柄、心温まる心遣い、本音トーク連発の交わりなど、充実した3日間となりました。個人的に、特に楽しみにして行ったのが、新会同がどんな風になったの?という事でした。前回熊本に訪れたときには、建築が始まる直前だったので、陰も形もない状態、あれから2年しか経っていないのに、この短期間の間でどのように変化したのか?という興味もあって、すごく楽しみにして行きました。ついたら、なんと!素晴らしい会同が立っているじゃありませんか!なんでも熊本城にもほど近く、まっすぐ一本道で繁華街にも出られる、という便利な場所、ロケーションも建物も、大きくステップアップした感じでした。

bethel_kumamoto.jpg
すてきな会同!画像は教会のWebsiteから拝借してしまいました。。すみません。

今回は、事前に、なんと礼拝のメッセージもお願いします!という事でしたので(なんでも、礼拝だけ出られてコンサートに来れない人もいるので、という事で)そんな大役を私に任せて下さるなんて、なんと大胆な教会なんでしょう!さすが。まあプレッシャーも少なからず感じつつ、でも今の自分を出す事しかできないんだし、あまり気張らなくってもいいか、という開き直って、このブログ(Testimonyの項目)でも紹介した、今年に入っての苦しい低迷期の話も交えて、神様が新しい事をなさるときには、必ず何か揺さぶられたり、打ち砕かれたり、苦しい所を通らされる、でもその先にはさらに上の段階のステップに上がれる事を知った、という事を証させていただきました。。。(すっごいとりとめのない話になってしまって、今でも心苦しいです)

そしてワークショップ、コンサートと共に、前回に劣らず、さらにパワーアップした結果になったと思います。今回は特に、参加者の皆さんにもコンサートで舞台に上がっていただいてワークショップで歌った曲を披露し、一緒に歌いました。曲目は、
・My Redeemer Lives/キリストは生きている
・ワンボイス
・Glory Hallelujah (Battle hymn of the republic)

の3曲でした。一日目に歌ったばかりの曲を、2日目に発表、とかなりハードだったかもしれませんが、みなさんが本当に楽しそうに、輝いた顔で歌って下さったのが本当にうれしかったし、印象深かったです。

しかしその姿の背後に、それぞれ苦しい所を通って来た方も少なからずおられた、というのをコンサートが終わった後に知って、本当に驚きましたし、かなり揺さぶられました。立つこともままならない、不自由を抱えているにも関わらず、コンサート中はご夫人がずっと支えて下さって、しっかり立って最後まで一緒に歌って下さったご夫婦、破綻寸前だったご家族の絆が教会へ来てから少しずつ回復し、その家族の理解と支えとで今回参加が可能になり、幸せいっぱいで歌って下さったご夫人、仕事のトラブルなどで一度は追いつめられ、そこで神に出会った方、またいろいろな困難を前に一度は死を覚悟したが、それを乗り越えてやっとここまで来ることができた、というご夫婦、・・・でもそんな話は信じられないぐらい、本当にみなさん終始明るく元気に歌って下さったんです。もうそんな話を聞いたら、私なんかまだまだだわ・・・と思いました~。礼拝のメッセージなんかお恥ずかしい限り、すっ飛んでしまうばかりでしたね。しかし、こんな未熟者の私に、みなさんよくぞ素直について来て下さいました、心から感謝します!みなさん、ほんとうに素敵でした!!

また、一緒に行った加藤景子さんも、実はこの熊本の直前までルーマニアに仕事で行っていた事もあって、かなりしんどそうでした・・・(なんだかとても大変な仕事だったようで・・話を聞いて、無事日本に戻って来てくれただけでもありがとう!と思わず感謝してしまいました)しかし、一度ピアノの前に座ってしまえば、それまでのグロッキーな姿はなく、またさらにひとまわりもふたまわりも成熟したような、風格あるピアニストに私の目には映りました。やはり試練というのは、祝福のために与えられるのだな~、なんって、こんな所からも神様の力を確認してしまいました。私もそうであるといいな~・・・切望。

また、今回もたくさんの新しい出会いがありました。特に、こちらの教会の牧師、金 茂華(キム ムーファ)先生の娘さん、きえちゃんが、たまたま留学先から帰国中だった、ということで、私や加藤さんをいろいろ車で送って下さったり、おいしいラーメン屋さんに連れて行って下さったり、と本当に良くして下さいました。そんな中でいろいろの深い話もすることができて、若いながら苦労(在日コリアンである事の苦悩などは、初めて生の声で聞いた気がします)なさっている彼女からは学ぶ事もたくさんありました。なんと彼女は独学でTOFULをクリアし、留学先とのやりとりも会社を介さず全部自分で行ったそうです!!すごい。。そんな彼女のWebsiteでは、留学に関するKnow How や日記などを公開してます。
http://www.geocities.jp/pp_v_o2m/

そんな感じで、たった3日間とは思えない、内容の充実した、素晴らしい経験を積むことができた熊本でした。ここまで導きと出会いを与え、このチャンスを、絶妙なタイミングで与えて下さった神様に、心から全ての栄光をお返しいたします。
♪Glory, glory, hallelujah!!
スポンサーサイト



  1. 2006/06/15(木) 17:56:08|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード