FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダヴィンチ・コード

これは、昨年、2005/3/18に発行された、ハーベストメールマガジンです。
今話題のダヴィンチ・コードについて書かれています。
かなり人気を呼んでいるらしいこの映画、見られる方は、ぜひこういった観点も
忘れずにいてほしいと思います。
-----------

■ 最近考えたこと「人騒がせな『ダ・ヴィンチ・コード』」

 私は見ていないのですが、先週の土曜日、あるテレビ局から『ダ・ヴィンチ・コード』をテーマとした番組が流されたようです。それをご覧になった方から、イエスは本当は死んでいなかったのですねとか、イエスが結婚していたという説もあるのですね、といった質問を受け、驚いています。


(1)『ダ・ヴィンチ・コード』は、ダン・ブラウンという作家が書いたフィクション (ミステリー)で、全米では650万部を売り上げています。また、日本語訳もすでに出ており、テレビ放映以来かなりの評判を呼んでいます。

(2)2006年には映画化も決定しており、トム・ハンクスが主役を演じるようです。映画化されれば、必ず日本にも上陸します。

(3)物語の内容は、ルーブル美術館で起きた殺人事件がきっかけとなって、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきた極秘事項が暴かれるというものです。

(4)その秘密とは、キリストは死んではいなかったし、復活をしたわけでもないというものです。キリストはマグダラのマリアと結婚し、彼らには一人の娘が生まれていた。その娘がフランスに行き、フランスの王たちはその子孫として誕生した。

(5)この事実を隠し、キリストを神のように仕立て上げたのは、ニケア会議のメンバーたちである。


 以上が、このフィクションの内容です。まことに荒唐無稽の物語ですが、ダン・ブラウンは、この小説の基本的なアイデアを、グノーシス主義の教えと、異端者アリウスの教えから借用しています。キリストは死んではいなかったという説が、また形を変えて現われてきているという意味で、注意が必要です。これはフィクションですと何度叫んでも、中には、誤った説に影響を受ける人が出てくるからです。


 フルクテンバウム師のセミナーで、『ユダヤ的視点から見たメシアの生涯』について詳細に学んだばかりでしたので、異邦人作家が勝手に事実を歪曲して書いている姿に、義憤さえ覚えました。このフィクションは、キリストが私たちの罪のために死なれたことと、死後の命を保障するために三日目に甦られたこととを否定するもので、これ以上の大罪はありません。


 聖書が伝える福音とは、これです。

 「私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現われました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます」(第一コリント15章)。


 聖書のことばは、信頼に足るものです。きょうも、キリストがともにおられることを確信し、感謝しつつ歩もうではありませんか。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/23(火) 16:40:55|
  2. Bible Study
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまには失敗談も・・・

人は失敗して学んでいくんですね~。今回は自分でも痛い目に遭いました、わかりやすい失敗談をお届けします。今回初めて、今はやりの”ヨガ”というものを体験しまして。。これが結構大変だったんです。(涙)

今、自分自身、体力を回復させよう&大好きなダンスでストレス発散!ということで、もっかスポーツジムに通っています。これが結構自分的にもはまってます。と言っても、行けるときに、週に2コマ~3コマ程度ですが、楽しいんですよ~これが。思い起こせば、まだまだ私が若い頃、十代の最後から二十代初期頃は、プロのダンサーを目指してほっっとにがんばってたんですよね、それから比べたら全然ですが、でも今でも音楽に合わせて体を動かし、振りを覚え、先生のかっこいい姿にあこがれつつ無心に踊るのは、本当に楽しいです。

そんなこんなで、とあるクラスが終わった時・・体もだいぶ慣れて来たし、ここらでちょっと筋力もちゃんとつけたいな~、ちょうど今日時間あるし、もう一つなんかやってくかなぁ・・・と考えている時に「XX時から"パワーヨガ"のクラスが始まります。筋力と集中力を養います。初めての方でも参加していただけます・・・」と館内放送で流れて来ました。う~ん・・・やってみようかな、と、ほんっとに興味本位でふらふらっと参加したんです。

実はヨガというのは、クリスチャン的には偶像礼拝につながる、としてNGとされているものなんですね。結構、内容がスピリチュアルですよね・・。そんなわけでずっと避けて来たんですが、パワーヨガって、なんとなく写真で見ても健康的だし、スポーツ色が強い、あまりスピリチュアル的なものではないかもしれない、などと勝手に想像していたのでした(←あさはか)。で、いざ参加してみると・・・はぁ~、やっぱり!という感じだったんですよね。始まった時からなんとなく、言葉は悪いですが「気味が悪い」感じがしてきました。(ヨガやってる方、ごめんなさい!)そして途中で、初心者の私に先生が説明して下さったんですが、「パワーヨガは、太陽神を礼拝するポーズがベースになっているんですよ」と聞いたとき、「あっちゃ~!!やっぱりヨガってそういうものなのね・・(涙)。ああ神様ごめんなさい!私は太陽神なんか礼拝しません!私の礼拝する神は天地を造られた神、あなただけです!だから赦して下さい、守って下さい」と口で、もごもご小さな声で思わず祈りました・・・。

ヨガをやっている時は、結構動きもハードなので、ついていくのに必死だったのですが、終わった後、それは襲ってきました。。。その後にゴスペルのクラスがあったのですが、その会場に移動する道のりで、どんどんと体が重くなっていき、歩くのがつらくなってきました。あげくの果てに胃がムカムカして来て・・・どんどん具合が悪くなっていったんです。これには自分でも驚きました。そしてゴスペルのクラスが始まる時も相当つらかったんですが、これはもう神様に謝って、ひたすら賛美するしかない!と思い、発生練習もそこそこに、すぐに歌い始めました、ほとんど自分のために・・・。おかげで、クラスが終わった頃には結構体が楽になっていまいした。でも実際は、100%爽快!という事にはいたらず、しばらくはこの重たいものを引きずっていたんですが・・・

この事を通して、あらためてヨガの"パワー"(名前の通りだったんだ・・)を改めて知りました。体験して、失敗して、痛い目にあって、また一つ学びましたね。もう二度とやりません!

---------
注)ここで痛い目に会ったのは、神様の罰ってことではないんですよ。神は愛ですから、罰を下す、という事をなさいません。そうではなく、私が痛い目に会う事を赦されて、悪の力が働く事を赦す事によって、私を教えて下さったんだ、と思ってます。
  1. 2006/05/19(金) 11:43:28|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。