FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

第7日目最終日 #3

園の墓

●最終日の、最後に訪れた「園の墓」

中川先生いち押しの、トマトスープのおいしいイタリアン・レストラン、「アレキサンドラ」にてランチを終えた後、「園の墓」という場所へ行きました。

P1010407.jpg P1010409.jpg

緑豊かな、本当に美しいガーデンでした。いろいろな草花に囲まれて、心身ともにリラックスして、このツアーが守られた事の感謝でいっぱいなりました。

この名前の通り、イエスの葬られた墓があった場所、とされているようですが、考古学的にみると、聖墳墓教会 の方が、可能性が高いという事でした。 → 続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2001/03/24(土) 04:34:49|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第7日目最終日 #2

ヴィア・ドロロサ→聖墳墓教会
 ~過越しの祭りについて~

●ヴィア・ドロロサ:VIA DOLOROSA

体も温まって、一息ついた所で、今度はイエスがいよいよ十字架にかけられる時に、十字架を背負って歩いた、という道、ヴィア・ドロロサを歩きました。しかし時代によって道順が変化しているそうなので、確かではありません。今のこの道は計14のステーションがありますが、聖書にあるのは9つ、残りは伝承だと言うことで、19世紀に確定したそうです。

P1010387.jpg

私たちのイメージだと十字架を担いで歩かれた、というイメージだけがありますが、実は十字架の横木だけをローブで縛られた状態で処刑場まで歩くのが、当時のローマのやり方だったそうです。 → 続きを読む
  1. 2001/03/24(土) 04:17:10|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第7日目最終日 #1

エルサレム/嘆きの壁→旧市街~Coffee time

さあ、今日はいよいよイスラエル・ツアーの最終日、まずは嘆きの壁として知られる通称「西壁」に行きました。そしてここでハーベストツアーのメンバーの中の一人が洗礼を受けられました。これってすっごい事ですよね!このような素晴らしい場所で、神とつながる儀式をするわけですから・・・その人にとって、きっと一生の思い出になる事でしょう。

●エルサレム/嘆きの壁

ここは、ユダヤ人が入るのを許されている中で、唯一、神殿に一番近い部分、とされています。

P1010370.jpg
↑ここが神殿のあった場所だ!写真でしか見た事なかったこの光景が自分の目で見られるとは、感激!

上記の写真では、黄金のドームの見られるちょうど真下にあたる壁が「西壁」にあたります。ここでもユダヤ教の厳格さが伺えるのですが、ここのスペースが2つに分かれていて、向かって左側が男性専用、右側が女性専用になっています。それが思わぬアクシデントにつながるとは・・・誰も想像できませんでした。 → 続きを読む
  1. 2001/03/24(土) 04:07:40|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第6日目 #5

聖書ガーデン~本物の十字架を見る
→第2神殿の模型

●聖書ガーデン:Biblical Resources

鶏鳴教会で涙なみだの礼拝を捧げた後、この美しい聖書ガーデンへとやってきました。緑豊かな美しいガーデンの中に、聖書時代の道具、建物などが展示されている、という場所でした。また、バプテスマのヨハネが生まれた場所でもあるそうです。

P3230346.jpg P3230341.jpg
↑ヤギの毛で作られた幕屋です。使徒パウロの職業はテント作り、こんな家を作っていたんですね。 → 続きを読む
  1. 2001/03/23(金) 03:52:46|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第6日目 #4

鶏鳴教会(その2)~むち打ちについて

●むち打ちについて

ここでむち打ちが、どれだけ苦しいものであったのかについて触れてみます。まずむち打ちの刑は、ユダヤ議会でも、ローマ議会でも使われていた刑罰です。しかしこの二つは大きく異なります。

・ユダヤ刑罰のむち打ち
ユダヤで使うむちは、木の取っ手に短い革のむちでできたもので、叩く回数も限られています。モーセの律法によると、
「四十までは彼をむち打ってよいが、それ以上はいけない。それ以上多くむち打たれて、あなたの兄弟が、あなたの目の前で卑しめられないためである。」(申命 25:3)
と、40回までに定められており、ユダヤ教は厳格ですから、万が一、数の数え間違えをして40以上になってしまわないように、39回まで、と決められていました。また叩いてよい場所も背中だけに限られており、非常に痛いですが、この刑によって死ぬ事はありません。

・ローマ刑罰のむち打ち
ローマで使うむちは、とても長い革ひもでできており、一度打つと体を回り込んで痛めつけられます。その革の先には金属やガラスの破片、動物の骨がついていて、それで叩かれると皮が剥け、筋肉も割けてちぎれ、飛び散ります。また長いため、背後からたたかれてもそのむちは胸や顔にまで到達し、全身ボロボロ、顔も見分けがつかないほど張り裂け、膨張してしまいます。さらに数に制限がないため、死に至る事があります。昔の文献を見ますと、このむち打ちを受けた人の顔は、その家族でさえも見分けがつかないぐらいに変形する、書かれてあるそうです。
→ 続きを読む
  1. 2001/03/23(金) 03:45:44|
  2. Israel2001
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード