FC2ブログ

A.F.M.活動報告

こちらのブログはhttp://akos-family.net/blog/へ移動しました。

ずいぶん前の話なんですが、

先月の上田のWSで、とても心温まるおみやげをいただきまして・・
そのメッセージ入りの紙コップ、いまだに捨てられません!!!

souta-kun1
キャンディーやらチョコやらが入った紙コップだったんですが、
そこに書かれていることに、本当に感動して、帰りの新幹線の中で泣きそうになりました。。

→ 続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2010/02/03(水) 13:49:20|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ちょっと告白・・

仕事柄、今までも数えきれないほど、いろいろな場所でコンサートやワークショップをさせていただきました。一つ一つを振り返るための記録として、写真やビデオを撮って下さり、それを後日いただける、というのはよくある事で本当にありがたいことです。感謝!

で、時代が変わるのは早いもので、今は写真もCD-ROMで、ビデオも便利なDVD(VHSじゃないんですね-)をよくいただくようになりました。今は本当にすごい時代なのですね~。

ということで、私の家にはいただいた写真やらDVDやらが山のようにあります。まだまだ整理しきれずに、雑多にまとめてある状態なのですが。。。最近ではCDやDVDになって、本体がコンパクトなおかげで整理がしやすくなりました。それにコンピュータで気軽に再生が両方ともできるので、本当に便利ですね~。。。

でも、"便利"というのは、良く使う方が言える言葉であって、私は、どちらかというと自分の写っている映像を見るのが苦手なので・・・実は、あんまり再生する機会は・・・ごめんなさい、極端に少ないです。。。

一生懸命に編集して、喜ぶだろうと期待して、それをわざわざ作って下さるであろう、思いのたーくさん詰まった作品であるにも関わらず、私はそれをすぐには見る事ができないでいます。なぜなら、だいたいのコンサートの直後は落ち込む事が多いからです。いくらみなさんに「良かったです!」と言われた所で、お客様が感じて下さる思いと、自分で感じる思い、というか「残る思い」と言った方が正しいでしょうか、は同じとは限らないんですね~。

だいたい本番が終わって時間が経つに連れて、じわじわと、反省会が自分の中でえんえんと思い巡らされるわけです。思いつく限りを振り返って、歌詞を間違ったりとか、逆に突っ走りすぎちゃった、とか、全然集中できてなかった、準備が不十分だったとか、うんぬんです。だいたいは落ち込みますね、必ず。「100%満足だ!」なんて言えるイベントは、絶対に、これからも一生ないんじゃないでしょうか・・・。いやー、ほんっとに、これってイベント主催者の方々や観客の皆さんを欺いているようで、後ろめたいのですが・・・でも、もう仕方がない事なんですよね。

なので、いただいた写真やDVDは、直後だと、自分にとってはあまりに生々しくって、見ても落ち込むだけなので、とてもじゃないけど見る勇気がありません。。いいかげんほとぼりが冷めた頃、遠い過去を振り返るぐらいに、イベントが遠ぉーくなった所で、やっと「見てみようかな・・」と思えるようになります。まあ言ってみれば、プライベートからはかけ離れた、ゴスペルシンガーモードに入っている"第二の自分"を見るのですから、全くの第三者として、いち視聴者として見る、ぐらいに距離が置けないと、自分一人で見るのはあまりにも難しいですね。。

でも、今の技術ってすごいですね。いただいたCDやらDVDを見て毎回感心いたします。ひとつひとつが、なんかプロっぽいというか、すごく完成度が上がって来てるんです。そしてそれを編集した方の熱い思い。。。それをいただいた直後に相手に伝えられないのが、ほんっとに申し訳ないんですが。

でも、(時間は経ってからですが)ちゃんと見てますからー!

これに懲りず、どうぞ引き続き、お心が向きましたら、記録を残してやって下さい。
  1. 2007/09/13(木) 11:27:20|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとしたサプライズ

人をちょっとした事で驚かせて、喜ばせる・・そんな心憎い演出を楽しんでいるのが、サンクゼールレストランのスタッフの方々。プロポーズの場を演出したり、お客様に向けられたメッセージ入りのカードをティーカップの下にしのばせてみたり。。そんな演出って本当に嬉しいですね~

いつも話を聞いて感心しているばかりだったんです、素敵だな~って。なかなかそんな演出するレストランって聞いた事がないな~と。。

で、話は変わって昨日、長野サンクゼールのゴスペルワークショップがあり、久しぶりに大汗をかいて歌ってきまして、そしてそのまま一泊して次の日、サンクゼールの新しいレストラン「ビニュロン」という素敵な所でランチをしました。内装もゆったりとしてほんとにくつろげる素敵な場所です。そこのスタッフはクリスマスライブなどでも何度もお世話になっているので、すっかり顔見知りです。

そんなスタッフが、ランチの最後に出てくるデザートで、心憎いサプライズをプレゼントしてくれたんですよ~・・・まさか、私にもサプライズを用意して下さるなんて、全然予想してなかった・・・

stcousair_cake.jpg

う~ん、泣けてくる・・・
  1. 2007/03/16(金) 11:29:04|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CD"OUR GOSPEL STYLE"の制作を終えて・・

やっとの思いで、CD完成までこぎ着けました!たくさんの祈りに支えられ、また協力者が与えられ、本当に神様の御業なしではありえませんでした・・・まじで。そんな道のりを、今一度振り返り、まとめてみました。

まず、事の始まりは去年の秋頃だったでしょうか、7~8年ほど一緒にゴスペルを演奏して来た加藤さんとの話からです。もう長年演奏しているからこそ、それなりに私たちのスタイルも見えて来て、加藤さんのジャズのスピリットを含め、幅広い音楽性やアレンジ力、そして私の声、また二人でずっと演奏して来たからこそ出て来た、二人独自の音楽の世界・・・そんな二人が培って来たものを、今の時点で、作品に残したらどうか、という事でした。

実際、第1作目にリリースした"WITH YOU"から3年近くも経ってまして、CDはないんですか?と聞かれる度に、いつも同じCDしかない、というのも以前からかなり気にかかっていたのも手伝いまして、それじゃ~、ほんっとに簡単で良いから、自分たちで出来る範囲でがんばってみよう!と、やっと重い腰を上げたわけです。

→ 続きを読む
  1. 2006/09/20(水) 11:37:07|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまには失敗談も・・・

人は失敗して学んでいくんですね~。今回は自分でも痛い目に遭いました、わかりやすい失敗談をお届けします。今回初めて、今はやりの”ヨガ”というものを体験しまして。。これが結構大変だったんです。(涙)

今、自分自身、体力を回復させよう&大好きなダンスでストレス発散!ということで、もっかスポーツジムに通っています。これが結構自分的にもはまってます。と言っても、行けるときに、週に2コマ~3コマ程度ですが、楽しいんですよ~これが。思い起こせば、まだまだ私が若い頃、十代の最後から二十代初期頃は、プロのダンサーを目指してほっっとにがんばってたんですよね、それから比べたら全然ですが、でも今でも音楽に合わせて体を動かし、振りを覚え、先生のかっこいい姿にあこがれつつ無心に踊るのは、本当に楽しいです。

そんなこんなで、とあるクラスが終わった時・・体もだいぶ慣れて来たし、ここらでちょっと筋力もちゃんとつけたいな~、ちょうど今日時間あるし、もう一つなんかやってくかなぁ・・・と考えている時に「XX時から"パワーヨガ"のクラスが始まります。筋力と集中力を養います。初めての方でも参加していただけます・・・」と館内放送で流れて来ました。う~ん・・・やってみようかな、と、ほんっとに興味本位でふらふらっと参加したんです。

実はヨガというのは、クリスチャン的には偶像礼拝につながる、としてNGとされているものなんですね。結構、内容がスピリチュアルですよね・・。そんなわけでずっと避けて来たんですが、パワーヨガって、なんとなく写真で見ても健康的だし、スポーツ色が強い、あまりスピリチュアル的なものではないかもしれない、などと勝手に想像していたのでした(←あさはか)。で、いざ参加してみると・・・はぁ~、やっぱり!という感じだったんですよね。始まった時からなんとなく、言葉は悪いですが「気味が悪い」感じがしてきました。(ヨガやってる方、ごめんなさい!)そして途中で、初心者の私に先生が説明して下さったんですが、「パワーヨガは、太陽神を礼拝するポーズがベースになっているんですよ」と聞いたとき、「あっちゃ~!!やっぱりヨガってそういうものなのね・・(涙)。ああ神様ごめんなさい!私は太陽神なんか礼拝しません!私の礼拝する神は天地を造られた神、あなただけです!だから赦して下さい、守って下さい」と口で、もごもご小さな声で思わず祈りました・・・。

ヨガをやっている時は、結構動きもハードなので、ついていくのに必死だったのですが、終わった後、それは襲ってきました。。。その後にゴスペルのクラスがあったのですが、その会場に移動する道のりで、どんどんと体が重くなっていき、歩くのがつらくなってきました。あげくの果てに胃がムカムカして来て・・・どんどん具合が悪くなっていったんです。これには自分でも驚きました。そしてゴスペルのクラスが始まる時も相当つらかったんですが、これはもう神様に謝って、ひたすら賛美するしかない!と思い、発生練習もそこそこに、すぐに歌い始めました、ほとんど自分のために・・・。おかげで、クラスが終わった頃には結構体が楽になっていまいした。でも実際は、100%爽快!という事にはいたらず、しばらくはこの重たいものを引きずっていたんですが・・・

この事を通して、あらためてヨガの"パワー"(名前の通りだったんだ・・)を改めて知りました。体験して、失敗して、痛い目にあって、また一つ学びましたね。もう二度とやりません!

---------
注)ここで痛い目に会ったのは、神様の罰ってことではないんですよ。神は愛ですから、罰を下す、という事をなさいません。そうではなく、私が痛い目に会う事を赦されて、悪の力が働く事を赦す事によって、私を教えて下さったんだ、と思ってます。
  1. 2006/05/19(金) 11:43:28|
  2. testimony
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

AKO

Author:AKO
Gospel Choirを指導して、早いもので丸12年が経ちました。まだまだ成長の足らない私ですが、精一杯みなさんと一緒に歌って行きたいと思います。日本のGospel Choir、がんばろう~~!

最近の記事

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード